試合に勝てるテニス上達術!!

スポンサーリンク

棗田式 胴体トレーニングとは

胴体トレーニングって聞いたことありますか?

 

 

 


にほんブログ村

にほんブログ村

 

胴体トレーニングは武道家の伊藤昇さんが開発したトレーニング方法です。↓

 

 

 

武道家の運動方法と聞くと、武道の動きを生かすとか、

 

武道の体の動かし方をまねるなど、あまりテニスに効果がないようなものばかりで、

 

どうせこれもだめだろうと思っていました。

 

私自身、かなりこんな感じの商材に騙されていますから(-_-;)

 

 

実際、テニス雑誌などにはコラムでよく武道の動きが掲載され、

 

ボレーの際の手の動き方などを紹介されていましたが、

 

いずれも的外れな気がして、ぜんぜん効果もない方法であることが

 

現実でした。

 

 

しかし、棗田さんの方法論は私がテニス雑誌などで見たものとは

 

まったく違い、とても即効性の有る効果的なものでした。

 

 

さきほどは申し遅れましたが、

 

この胴体トレーニングは、体の胴体にかかわっている関節をうまく動かす

 

トレーニングです。

 

筋力トレーニングのようなきついものではなく、

 

ストレッチのような感覚で行えるものです。

 

しかし、その効果はストレッチのような筋肉を伸ばすことも期待できますが、

 

それ以上に、とても効果的に体が使えるようになるという効果もあります。

 

 

やっている方としては、ストレッチのような感じなので、

 

きついとは真逆のむしろ気持ちいい感覚です。

 

胴体に関連する、骨盤、肩甲骨、背中、おなか

 

に関してうまく体を動かしていく方法が学べます。

 

自分自身、筋力トレーニングと同時並行でこの

 

胴体トレーニングもやっているのですが、

 

本当に効果があります。

 

バランスがよくなり、ショットのキレ、体の動きのキレ

 

すべてにおいて、スムーズに体が動くようになりました。

 

 

何より、動作に関して余計な筋肉の緊張がなくなったので、

 

とても効率よく体を動かすことが出来るようになり、

 

ショットの質が数段あがっています。

 

ストローク、サーブ、スマッシュに至っては、

 

かなり強力になったことを実感しています。

 

 

今後この体の使い方を生かし、動きの精度を上げ、

 

テニスのアマチュア最強プレーヤーを目指している最中です!

 

これだけ効果のある方法ですが、正直値段も結構はりますから、

 

どんな内容か気になるところでしょう。

 

ざっくりと全体像を紹介します。

 

 

棗田三奈子の胴体トレーニングの内容

 

口酸っぱいですが、

 

この胴体トレーニングでは胴体の正しい動かし方を学ぶことが出来ます。

 

また、わかりやすく映像で動作の説明を細かく行っています。

 

主な動作はこれだけ効果があるものだから、

 

とても数が多いものかと思いきや、

 

数はとても少なく、

 

  • 「丸める、反る」
  • 「伸ばす、縮める」
  • 「ねじる」

 

の3つの動作のみです。

 

やっぱり本当に効果のあるものは、とてもシンプルなんですね!

 

 

これらの動作を連動させたり、

 

単体でおこなったりすることで、

 

胴体をうまく使うトレーニングをしていきます。

 

基本の3つの動作を繰り返し行い、

 

それらをまとめて連動させる動きや、

 

パーツパーツを動かすトレーニングまで

 

内容はとても充実しています。

 

 

「ねじり」の動作は特に貴重な情報でした。

 

ねじりはテニスのストロークでよくつかわれますし、

 

サーブの動作でもよく行われます。

 

その解説していたので、

 

とても参考になりました。

 

 

胴体トレーニングで、上半身のねじりの正しい動作は、

 

 

「股関節に体重を乗せながら状態をひねる」

 

 

ということでした。

 

これはまさにそうで、現代のフォアハンドを打つ際には

 

股関節の曲げ伸ばしが重要です。

 

曲げた時の準備の際に、ただ曲げるのでは足りません。

 

このねじる動作のとおり、股関節に体重を乗せる感覚が必要なのです。

 

テニス雑誌などでも言われているくらい有名なことですが、

 

実際のところ、これを効果的に一人で練習する方法は具体的にありませんでした。

 

 

あったとしても、メディシンボールが必要であったり、

 

特別な器具が必要だったり、そもそも二人いないと効果的に出来なかったり

 

といった前提条件で継続できないというのが大半でした。

 

 

メディシンボールはまさにそのいい例ですが、

 

一人でやるには壁があるところでしかできませんし、

 

効果的に行いたい場合には最低二人必要です。

 

 

しかし、この胴体トレーニングの方法は違います。

 

「ねじる」というたった一つの動作で、

 

完結しています。

 

正座、仰向け、椅子に座った状態の3パターンで

 

ねじるという動作の練習方法を示しています。

 

これは、ひとり分のスペースがあればできます。

 

一人でとても効果的なトレーニングができるというのが私にとってはかなり

 

大きかったです。

 

 

社会人になると、基本的にスポーツを本格的にすると言う人は

 

あまりいません。

 

ましてや、メディシンボールのトレーニングを定期的にやるなど、

 

地元中探しても一人もいないのではないかというくらいです(-_-;)

 

そんななか、ひとりで行えるというのは感動モノでした(ToT)/~~~

 

 

もちろん、筋トレのようなきつさもないですし、

 

空いた時間ならいつでもできるので、

 

続けやすく、とても効果的です!

 

1週間続けて行うだけで、体のバランスがとてもよくなり、

 

スムーズに体が動くことを実感できるでしょう。

 

 

他には、細分化といって、肩甲骨を正しく動かし、

 

稼働域を広げる方法、

 

また、骨盤の動きを見直し、股関節の稼働域を広げる方法など、

 

それぞれのパーツの稼働域をひろげていく方法も紹介されています。

 

これもとても効果があるもので、

 

是非実践して欲しいものです。

 

 

テニスと胴体トレーニング

 

さきほども紹介しましたが、

 

胴体トレーニングはテニスにとても効果的です。

 

3つの動作を軸として、

 

それを応用していくように体を使っていきますが、

 

その結果として得られるのは、体の軸を作ることと、

 

骨盤や肩甲骨をうまく使い、連動させ、

 

より大きくしなやかな動作でボールを打つことが出来ます。

 

 

「丸くなる、反る」の動作は、

 

リターンやストロークのときの構えにとても役に立ちます。

 

反る動きの骨盤をきれいに立てる動作は、

 

まさにその動作です。

 

 

「伸ばす、縮める」の動作は、

 

サーブやスマッシュ、オーバーヘッド系の技術に役立ちます。

 

鎖骨を上下左右前後に動かすトレーニングで、

 

手をより長く使い、パワフルなショットが打てますし、

 

角度のあるサーブが打てますから、

 

簡単に相手を外に追い出すサーブが打てるでしょう。

 

 

「ねじる」の動作は、

 

ストローク、サーブ、ほとんど全般に効果があります。

 

回転と威力を両立したボールを打つには、

 

上半身のねじりとひねり戻しがとても大切です。

 

この動作を追求することで、より威力のあるストロークが打てるでしょう。

 

 

この3つの動作を追求することがテニス全体の

 

質を上げることになるので、筋トレも並行してやると

 

効果倍増ですが、簡単に続く効果のあるトレーニングでは、

 

まちがいなく、これしかないでしょう。

 

 

胴体トレーニングの成果がでるまで

 

トレーニングには効果が出るまでに通常時間がかかります。

 

この方法は即効性があるほうですが、

 

もちろん、この胴体トレーニングも例外ではなく、

 

本格的にやって、驚くほどの効果となると、

 

最低2カ月ほどはかかるでしょう。

 

 

しかし、今これを実践しなければ、ご自身の上達は2カ月あとなのです。

 

「2カ月後の大会であの時これをやっていれば。。。」

 

と後悔しても遅いのです。

 

 

このような、肉体で実践するものには少なからず時間がかかります。

 

しかし、面白いもので、本当に効果のあるものは実践すれば、

 

必ず効果が出るものです。

 

この胴体トレーニングのマニュアルは人間の体の構造からアプローチしているので、

 

必ずだれにでも効果がでるものです。

 

今からきっちり取り組んで、2カ月後の別人になった自分を想像しましょう。

 

 

  • 胴体トレーニングを実践して、試合で強敵を倒していく自分を。
  • 今まで勝てなかった相手に、圧倒的な実力差で勝つ方法を。
  • スムーズで無駄のない動きを獲得し、わくわくする自分を。
  • 強烈なショットを楽々とうち、試合が終わってもさらっとしている自分を。
  • だれもがセンスがある評価し、憧れのまなざしを受ける自分を。

 


 

 

棗田式 胴体トレーニングとは

 


棗田三奈子の『動きの文法 胴体トレーニング』 〜可動域を極限まで広げる方法〜 [NM0001]

 

 

是非ともご検討ください!!↑

 

まとめ

 

  • 胴体トレーニングはとても効果が高い
  • トレーニングなのにきつくない
  • テニスにとても効果がある

 

以上でした。

 

 

これは本当にいいDVDです。

 

買わせようとしているわけではありませんが、

 

本当に効果があるのでお勧めしているのです!

 

 

さらにいうと、筋トレで効果を出そうと思っている方には是非お勧めしたいです。

 

そのやる気があるうちに正解の道を選び、

 

より早く上達してほしいという気持ちからとてもお勧めしています!!

 

 

センスのある人の動き方をマニュアル化し、

 

これを実践すれば、だれでもセンスのある動き方ができるという内容です。

 

試合に勝ちたいという方には是非というDVDとなっています。

 

 

テニスの商材か、これかで迷っているのであれば、

 

是非こちらから購入し、ご自身の上達の助けにしてください!

 

絶対あなたの生涯のマニュアルになること間違いなしです!!

 

棗田式 胴体トレーニングとは

 


棗田三奈子の『動きの文法 胴体トレーニング』 〜可動域を極限まで広げる方法〜 [NM0001]

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)