試合に勝てるテニス上達術!!

スポンサーリンク

テニス 上達 練習

テニスの上達には練習が必要ですが、

 

テニス 上達 練習

 


にほんブログ村

にほんブログ村

 

どんな練習をすればいいか、

 

疑問が多いと思います。

 

 

 

特に、部活生なら、ちゃんとした上達する練習法は

 

かなり重要ですよねw

 

 

部活生は、人数も多く、

 

かなり効率的な練習をしないと、テニスの練習はできないでしょう。

 

私が高校のときのテニス部はそうとう

 

やばく、

 

練習は4人でラリーするという最悪のものでした。

 

 

もちろん、1回戦敗退が普通の部活でした。

 

プロとなると、コーチがついて、

 

1人に対してこんな練習をします↓

 

 

 

こんなにビップに練習できるなら、

 

そうとう上手くなりますよねw

 

 

 

一般プレーヤーもそうですが、

 

人数が多いと、ボールを打つ回数が減り、

 

かなり練習効率が悪くなります。

 

 

私がいつもやっているメンバーは

 

男性、女性5対3くらいの割合で、

 

週に1回の練習でやっています。

 

 

ちょっと前までは、男100%だったので、

 

ラリーで濃い練習ができました。

 

そんな練習環境にあったので、

 

週に1回でもかなり上達を感じることができました。

 

 

しかし、今では、

 

女性も混じり、初心者も混じってきたので、

 

あまり練習ができなくなってきました。

 

 

そもそもラリーが続かず、

 

ボールを打てませんし、

 

本気でも打てないんですねw

 

 

 

社会人でもあり、週に1回という貴重な時間を

 

儲けているのに、

 

ちゃんと練習できないとストレスたまりますよねw

 

 

私は貴重な練習時間で、意味のない練習はしたくありませんw

 

 

厳しく考えていますが、

 

もちろんメンバーにそんな態度はとりませんよ(笑)

 

 

限られた時間を使い

 

効率的な練習をする。

 

 

とても簡単なようで難しい課題です。

 

 

そこで私は考えました。

 

あくまで、どう意識して練習するかが

 

鍵だということに気づいたのです。

 

 

同じ練習をするにしても、

 

何を意識するかで、上達のスピードは違っていきます。

 

 

以前は同レベルだった友人たちも、今や、

 

初級レベルの大会でも優勝できなくなり、

 

挙句の果てには一回戦負けをするまで、

 

弱くなってしまいましたww

 

 

団体戦ででることがあるのですが、

 

結構悲しい結果におわることもしばしばです。

 

 

 

そんな中、

 

練習内容を変え、

 

そして、何より、練習に対する意識を変えることで、

 

上達していけます。

 

 

そんな、人数が多くても上達できる練習と

 

練習に対する意識で

 

上達していける方法をご紹介します!!

 

 

 

大人数でも上達していける練習法

 

 

ボールが少ない場合を想定して

 

練習メニューを考えました。

 

 

私たちも実際に行っている練習なので、

 

とてもお勧めの練習です。

 

 

まず、ミニラリーですが、

 

 

3列で行います。

 

 

3列で行うことで、

 

一気に6人のプレーヤーがボールを打てますし、

 

アップができます。

 

 

アップが終わったら、次は、ロングラリー。

 

こちらももちろん3列で行います。

 

 

コントロール力もかなり身に付きます。

 

最初はコントロールに慣れないと思いますが、

 

どんどん挑戦していけば、

 

慣れてきます。

 

 

これが当たり前となるように、

 

継続して練習していきましょう。

 

 

これが終わったら、ボレー&ストローク。

 

 

こちらも3列で行います。

 

ボレー&ストロークは特に意識すべき部分があります。

 

 

それは、ラリーをつなげることです。

 

 

 

フェデラー選手はめちゃくちゃラリーがつながりますねw

 

 

ラリーをつなげることで、

 

ボールをたくさん打てますし、

 

ストロークはボレーヤーの足元に、そして、

 

ボレーヤーは深くにコントロールする

 

ということを

 

きっちりと意識すると、

 

かなりいい練習になります。。

 

 

最後には、サーブ&リターンの練習です。

 

 

ここでは、サーブをうった後はラリーを続け、

 

半面でいかに相手を動かすかを意識し、練習します。

 

 

コントロールして相手を揺さぶることを考えていきましょう。

 

この練習をするとダブルスでのラリーが強くなります。

 

 

 

以上が練習メニューです。

 

しかし、これだけを聞くと平凡な練習メニューに

 

見られますが、

 

そうではありません。

 

ここからがポイントです。

 

 

大事なのは大人数のときの交代のタイミングです。

 

どうやって交代するかを説明します。。

 

 

交代のタイミングはどこでやるかというと、

 

 

1球のミスが出た時です。

 

 

この1球のミスというのがポイントです。

 

 

大抵、練習するときは、

 

2球ミスとか3球ミスとかが

 

一般的ですが、

 

 

ここは厳しく1球で交代します。

 

 

そうすることで、少しでもプレッシャーを感じることができますし、

 

試合に近づきます。

 

 

試合で強くなり、うまくなるには、プレッシャーをかけた

 

練習が一番です。

 

 

 

2球交代、3球交代となると、

 

ミスをしてもいい、

 

次で調整するという癖がつきます。

 

 

試合では、1球のミスが命取りです。

 

そうなると、1球でミスとした方が、

 

かなり現実的なのです。

 

 

このミスの痛さ、棄権さを体で覚えることで、

 

試合での緊張感を感じることができます。

 

 

ミスで交代するという

 

心理的なプレッシャーをかけることで、

 

かなり良くなりますので、

 

ぜひ試してください!!

 

 

 

 

 

上達していく上での意識

 

 

 

練習メニューもそうですが、

 

この意識は本当にとても重要です。

 

 

もちろん、テニスを楽しむことは、

 

とても大事なことですが、

 

なんというか

 

 

「まじめに楽しむ」

 

 

ということを徹底することが大事です。

 

 

テニスというスポーツをまじめに研究し、

 

なぜこんなミスがでるのか、

 

なぜこんな風なショットが生まれたのか、

 

すべてを分析していき、

 

結果を自分なりに出します。

 

 

そして、それを一つ一つ検証していく作業を

 

ちゃんと練習中に行ってください。

 

 

考えて練習するだけでも

 

かなり上達します。

 

 

しかし、それでも試合に勝つには不十分です。

 

 

きっちりとトーナメントを勝ち上がっていくには、

 

 

試合という特別な状況をリアルに

 

意識することがとても重要です。

 

 

試合のプレッシャーを常に感じながら練習する。

 

 

そういうことですねw

 

 

1球で交代するというのは、

 

そのプレッシャーを疑似体験できる

 

いい方法です。

 

 

それに代わるようなものを自分で見つけ、

 

それを実践しても構いません。

 

 

とにかく練習にプレッシャーをかけることが

 

とても上達にいい練習です。

 

 

そうすることで、

 

優勝、目標に1歩1歩確実に近づいていくでしょう。

 

 

  • どんなボールが相手に効果的か、
  • この場面でこのショットを打つべきか
  • 相手がミスしたのはなぜか

 

 

いろいろなポイントがあります。

 

 

自分でできるかぎりのポイントを見つけ、

 

分析し、プレッシャーをかけた練習をすれば、

 

上達は間違いありません。

 

 

是非、この意識をもって練習に励んでください!!

 

 

 

まとめ

 

 

  • テニスで上達するには自分の意識改革が必要
  • 1球のミスで交代する
  • 練習時にいろいろなことを考え分析する

 

 

 

以上でした。

 

 

分析するという行為は集中力の呼び水にもなります。

 

試合と同じようにプレシャーをかけると、

 

それだけ集中し、

 

試合でも集中できるようになっていきます。

 

 

是非ともこの感覚を目指い、

 

練習に励めば、絶対にテニスは上達します。

 

 

是非試してください!!

 

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)