すっきりするテニス上達術!!

スポンサーリンク

テニス 動画 ブライアン兄弟のダブルス

テニスのダブルスナンバー1にブライアン兄弟がいます。

 

テニス 動画 ブライアン兄弟のダブルス

 


にほんブログ村

にほんブログ村

 

アメリカ人でダブルスのスペシャリストとして、

 

シングルスの大会にはでませんが、

 

ダブルスのタイトルは総なめですww

 

 

一般プレーヤーはダブルスの大会に出ることが多く、

 

そもそもシングルスにはでない、ダブルス専門のプレーヤーも多いでしょう。

 

 

ブライアン兄弟はダブルスのスペシャリストですので、

 

ダブルスでは参考になりますし、

 

 

なんといっても、世界1のボレー力があります。

 

 

ボレーは基本にとても忠実で、

 

めちゃくちゃ参考になります。

 

 

テイクバックの仕方や、フォロースルー。

 

 

そして、リターンなど

 

ダブルスに必要なものすべてが学べます。

 

 

特に、ポーチの技術は天下一品で、

 

ブライアン兄弟の身長を生かしたパワープレーが

 

魅力です。

 

 

 

また有名な練習として、

 

ルーマニアンボレー

 

があります。

 

 

かなりボレーの技術が要求されるものですが、

 

できるようになると、

 

ボレーの練習としては

 

最高ですね!!

 

 

ブライアン兄弟のすごさと、

 

その基本に忠実なプレーをみて、

 

ダブルス上達のヒントを得ましょう!!

 

 

フェデ郎独自の視点で開設、ポイントをご紹介します!!

 

 

 

ブライアン兄弟の練習その1

 


ブライアン兄弟のボレーはめちゃくちゃ基本に忠実です。

 

ブライアン兄弟のボレーのテイクバックは特に参考にしてください。

 

ほとんど引きません。

 

基本的に、足を動かしてボレーをし、

 

テイクバックはゼロということを意識してみてください!!

 

 

まずは、この動画。

 

ブライアン兄弟のボレー対ストロークです。

 

一言でいうとめちゃくちゃすごいですね(^_^;)

 

 

ストロークの返球力、ボレーの深さをあそこまで保って、

 

ほとんどミスがないのはめちゃくちゃすごいですねw

 

 

ボレー対ストロークで意識する大事な部分があり、

 

その部分を無視すると、意味のない練習になりがちです。

 

 

この動画からは、とても高い意識が感じ取れます。

 

 

それは、

 

ボレーのボールの深さ。

 

ほとんどのボレーのボールがサービスラインよりも深く

 

入っていて、しかもその半分くらいは、

 

本当にベースラインのぎりぎりに入っています。

 

 

このボールの深さをコントロールできるのが、

 

試合でボレーが有効か、どうかの違いになります。

 

 

どんなに勢いのあるボレーでも、

 

浅いと返せてしまいます。

 

反対にどんなに緩いボールでも深く入れば、

 

かなり有効打となります。

 

 

つまり、ボレーで重要なことはコントロールであることを感じる練習です。

 

ただ、ボレーストロークをするのではなく、ボレーをコントロールしましょう。

 

 

もう一つはストロークです。

 

こちらはどんなに深いボールがきても

 

しっかりと振りぬいてボレー側にコントロールしています。

 

 

実は、ボレーヤーが嫌なことは、

 

ボールが返ってくることなんです。

 

 

いいボレーをしても、しっかりとしたボールが返ってくる(^_^;)

 

 

こんな脅威はないですねw

 

 

よく、2バウンドさせることが当たり前かのようにボレーストロークをする人を見かけますが、

 

とても駄目なんですねw

 

試合では2バウンドはポイントになりますし、

 

ボレーヤーもまったく脅威ではありませんから、

 

ボレーの練習にもなりません。

 

 

なので、ストローカーはとにかく、しっかりと振り切り、

 

返球することを心掛けてください!!

 

 

ブライアン兄弟の練習その2

 


この動画はボレーの練習に最適な練習です。

 

ブライアン兄弟は全く問題なく、普通のきめのボレーのようなスピードで、

 

ボレーし、しかもあまりミスがありません。

 

 

動画の後半では全くミスなく、続け切っているのもわかります。

 

このくらいのボレー力があるから、ダブルスとてもつよいんですねw

 

 

しかし、この練習はブライアン兄弟しかできない練習ではありません。

 

とはいってもいきなりブライアン兄弟のようにスピードつけてやると、

 

無理ですが、

 

 

ゆっくりとボールをコントロールして、同じような練習をしましょう。

 

感覚を養うのにはとても最適な練習です。

 

 

 

まずは、サーブ&ボレーやストロークからのアプローチ&ネット

 

のように、後ろからボレーをします。

 

 

後ろからボレーをして、前に詰めていく。

 

ボレーをいろいろな位置でやるので、とても練習になりますねw

 

 

後半の練習は、ルーマニアンボレーと呼ばれているものです。

 

サービスライン付近で、ボレーを移動しながらやる練習です。

 

 

この練習はボレーで足を動かすことも覚えることができますし、

 

ゆっくりやれば、そこまで難しいものではありません。

 

足を動かしつつ、相手を狙うという、ボレーに必要なすべてが身に付く

 

練習です。

 

 

最初は相手が打ちやすいようにコントロールを意識してやると、

 

ラリーが続きとても練習になるでしょう。

 

 

自然とテイクバックがコンパクトになり、

 

ボレーの面の作り方で、ボールをコントロールする感覚が身に付きやすいです。

 

 

慣れてきたら、しっかりとボレーしていき、できるだけ、

 

試合のように真剣に取り組んでください。

 

 

ポイント制のようにやると、プレッシャーもあり、とても効果的ですw

 

 

ブライアン兄弟のダブルスの試合その1

 

ここからは試合の動画です。

 

試合では、練習時のボレーの練習的なものとは違い、

 

ボレーの使いどころがとてもよく見えます。

 

 

ボレーのいろいろな技術が見れるので、とても勉強になります。

 

 

まずは、この試合です。↓

 

 

これはマドリードでの決勝戦です。

 

 

この試合では、いろいろなポーチの出方について学べます。

 

ポーチの出方を観察してみると、

 

相手の体勢と関係していることがわかります。

 

 

たとえば、

 

サーブ&ボレーに出てきた相手ですが、

 

味方のいいリターンがきて、

 

相手のファーストボレーが甘くなったとします。

 

 

その瞬間に見逃さずに、ポーチに行きます。

 

相手が体勢を崩し、甘い返球となることを予測しているのです。

 

このタイミングですが、

 

どう出ていいかわからない人もいるでしょう。

 

 

しかし、意外とシンプルで簡単です。

 

ポーチのタイミングとして、

「味方がいいショットを打った時」

 

がシンプルで確実性が高いタイミングです。

 

 

味方がいいショットをうつと、相手は確実に返球しないといけないので、

 

コースの変更はしません。

 

 

つまり、ボールが来た方向にそのまま返す可能性が高いということです。

 

それを狙ってポーチするのがポイントです!!

 

 

また、速いサーブを打った時も簡単にボレーで決めています。

 

しかし、そのときは、前衛が動いていないときが多いです。

 

 

これも↑で言ったことと同じことではあるのですが、

 

速いボールのような余裕のないときは、たいてい返球する方向は、

 

そのままのコースに返すことが多くなります。

 

 

つまり、クロスに帰ってくることが多いんですw

 

また、速いボールはその力を利用されて、意外と速いボールになったり、

 

ミスヒットがドロップのようになることがあります。

 

つまり、あんまり予測しにくいんですねw

 

 

なので、ポーチを狙うボールではなく、

 

しっかりと自分のポジションで構えておくのが得策です。

 

 

フェイントをしつつ、特に移動しないことで、自分の方向にボールが飛んできやすいので、

 

そのボールを待ち、テイクバックゼロでポーチしていきましょう!!

 

 

ブライアン兄弟のダブルスの試合その2

 

 

次の動画は、

 

 

ATPの最終戦、マスターズカップのラウンドロビン2回戦です。

 

1回戦では、惜敗したブライアン兄弟ですが、

 

この2回戦は最大限の技術で、

 

勝利しました!!

 

 

めちゃくちゃ接戦だったのですが、

 

特に、見どころなのは、

 

終始いつも以上にベースライン付近にいて、

 

守備を重視していたことです。

 

 

ロブをうまく使い、

 

相手の攻撃をかわしています。

 

 

相手の攻撃力が強いのでしょう。

 

相手のドディグ選手のサーブはとても強烈ですし、

 

ペアのサーブも強烈です。

 

 

一本でも相手に多く返すという信念のもと、

 

プレーしていたと思います。

 

 

その手段の一つである、ロブをとても多用していました。

 

 

ここで見習うポイントがあります。

 

ロブを上げたからといって、

 

打ちやすいところに行くことがあまりないことを見てください。

 

 

相手のバック側とか、相手がかなり移動させられていたりなど、

 

自分だったら。。。

 

と想像してみると、とても打ちにくいことがわかります。

 

 

そうなんです。

 

ただロブを上げて粘るのではなく、

 

コートの深い場所、

 

相手のバックハンド側、

 

前衛の後ろなど、

 

 

相手に少しでも打ちにくくさせるよう工夫しているのです。

 

 

これは、上級者かどうかのラインになるのですが、

 

すべてのボールに何かしら意味がある。

 

 

ということなんですねw

 

 

ロブはとても守備的に向いていて、

 

体勢をととのえる効果もありますし、

 

相手のミスを引き出すこともできます。

 

 

なので、積極的にロブを使うことを意識していきましょう!!

 

 

ブライアン兄弟のダブルスの試合その3

 

最後の動画はこれです↓

 

 

 

この動画は、2009年のロサンゼルスオープンです。

 

 

ブライアン兄弟のプレーが低い視点から移されているので、

 

とても動きが素早いことがわかります。

 

 

すごいプレーを連発していますねw

 

この動画ではボレーに関する最大のポイント

 

わかりやすく見れます。

 

 

ボレーのポイントは

 

「いかにネットに詰めて打つか」

 

です。

 

 

ブライアン兄弟のボレーを見てみましょう。

 

ネットにかなり近いですよねw

 

テニス 動画 ブライアン兄弟のダブルス

 

 

そうなんです。

 

ボレーをうまくやるためには、ネット近くでボレーすることなんです。

 

ネットの近くでボレーすることで、

 

ラケットを振らなくて済みますし、

 

ネットに詰める過程で、体を移動させるので、

 

体を使ったボレーができ、ボールに伸びも出ます。

 

 

意外だと思いますが、ボレーが上手くない人は、

 

あまりネットの近くでボレーをしていません。

 

つまり、ポジショニングができていないのです(^_^;)

 

 

ポジショニングができていないと、

 

ボレーは結構な確率で失敗します。

 

 

ネットから離れてボレーをすると、その分ラケットを振ることが必要となるので、

 

ボールに当てるのが難しくなるんですねw

 

 

あんなにボレーが上手いブライアン兄弟でもネットに詰めないと、

 

速いボールに100%対応できないのです。

 

 

なので、最大のポイントで、ボレーはネット近くでということを覚えましょう!!

 

 

 

まとめ

 

 

  • ブライアン兄弟の動きからダブルスの動きの基本を知る
  • ボレーのテイクバックを理解する
  • ポーチのタイミングを見る
  • ボレーはネット近くで!!

 

 

以上でした。

 

 

ダブルスのプロの動きはとても基本に忠実で、

 

とても参考になります。

 

 

特にボレーの技術とポーチのタイミングは一般プレーヤーが

 

真似できる部分が多く、

 

とてもいいです。

 

 

是非、ダブルスナンバー1のブライアン兄弟のオーソドックスな

 

プレーを参考に、ポイントを押さえていきましょう!!

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

テニス 動画 ブライアン兄弟のダブルス関連ページ

テニス 動画 フェデラーのストローク
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 動画 フェデラーのサーブ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 動画 フェデラーのダブルス
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
錦織圭 フェデラー 対戦動画
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 錦織 動画
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
錦織 ナダル 対戦成績と動画
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
フェデラー練習動画
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ナダル 動画
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 動画 ダビデンコのストローク
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 動画 フォアハンド
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 動画 バックハンド
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 動画 ナダルのダブルス
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 動画 ナダルの練習
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 動画 ジョコビッチのサーブ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス マレーのフォアハンド 動画
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
モンテカルロ テニス 動画
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 動画 マレーのバックハンド
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ボレー 動画
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス マレーのサーブ 動画
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
錦織圭 フォアハンド フォーム
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
錦織圭 マドリード 動画
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 動画 女子ダブルス
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
ジョコビッチ バックハンド 動画
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
西岡 テニス 動画
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ドロップショット 動画
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス動画 練習のポイント
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 動画 ペールのバックハンド
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)