すっきりするテニス上達術!!

スポンサーリンク

テニス スマッシュ 女性ができる対策

スマッシュは日本のトッププロの

 

テニス スマッシュ 女性ができる対策

 


にほんブログ村

にほんブログ村

 

 

鈴木貴男選手も言っていますが、

 

ダブルスでは、決めないといけないショットです。

 

 

プロの中では、スマッシュは、力強く、

 

そして、読んでいても取れないようなボールを

 

打たなければならないようですw

 

鈴木貴男選手↓

 

 

しかし、女性や小柄な男性など、

 

フィジカルや肩周りが強くないと、

 

力強いスマッシュはきついですよねw

 

 

となると、女性などの力が強くはない選手は

 

スマッシュを決めることができない

 

という思考回路に陥りそうですが

 

そうではありません。

 

 

スマッシュは、

 

力強さも大事ですが、

 

一般プレーヤーがでる草トーナメントなどでは、

 

それ以外が重要になります。

 

 

相手がとりにくいところ、

 

 

コースを突いたり、回転をかけたりと、

 

スマッシュを確実に決める方法をしることが重要です。

 

 

また、女性はミックスダブルスを

 

くむことがよくあると思います。

 

 

そこで、男性のスマッシュがとれないという悩みをよく聞きます。

 

まあ、ミックスくらいでしか、試合で男性と当たることは

 

ないと思うので、無理もないですし、

 

そもそも、男性のスマッシュは強烈ですからね(^_^;)

 

 

しかし、

 

男性のスマッシュを返せないというのは、

 

ポジショニングなどもありますが、

 

他にも原因があります。

 

 

そういったスマッシュで女性によくある悩みについて、

 

まとめてみました。

 

 

小柄で力に自信のない男性プレーヤーも

 

絶対にためになるので、

 

是非最後まで読んでみてください!!

 

 

 

決まるスマッシュの打ち方(回転)

 

 

スマッシュが決まるときに、

 

要因となるものは、

 

大きく3つあります。

 

 

それは、

 

 

  • 威力(スピード)
  • 回転
  • コース

 

 

 

の3つです。

 

 

よく初心者や中級者くらいが重視しているのが、

 

一番最初の「威力」です。

 

もちろん、威力を重視することは、

 

とても大切ですが、

 

筋トレや週1のプレーヤー、女性にとっては、

 

威力をだすのは、

 

限界があるでしょう。

 

 

また、一般プレーヤーのレベルでは、

 

威力がなくても、

 

他の二つ。

 

 

 

つまり、

 

回転とコースで決めることができます。

 

 

その2つを考えてスマッシュを打てば、

 

力のない女性などでも、

 

かなり決定力のあるスマッシュ、

 

もしくは、1発で優位に立てるスマッシュが打てます。

 

 

そうなんです。

 

まとめると、

 

  • 回転をかける打ち方
  • 決まるコースを知る

 

 

この2つを身に着けることで、

 

筋力が無い人でもかなり、

 

決定力のあるスマッシュを打てます。

 

 

まずは、打ち方ですが、

 

スマッシュを打つ際に、

 

ボールのどこを打つかがポイントになります。

 

 

それは、

 

 

クロスに打つ時は、右利きの場合ボールの右側

 

逆クロスに打つ時は、右利きの場合、ボールの左側

 

 

となります。

 

ボールの右側、左側を打つことにより、

 

ボールにコートから逃げるような回転をかける

 

ことができます。

 

 

クロスも逆クロスもより、外に逃げるような回転

 

かかります。

 

 

クロスの時は、スライス回転。

 

スライスサーブと同じ回転ですねw

 

 

野球のカーブがイメージしやすいかと思います。

 

 

指がボールの外側を撫でています。

 

テニス スマッシュ 女性ができる対策

 

指をラケットに置き換えてやるとイメージしやすいですw

 

 

そして、逆クロスのときは、

 

スライスとは逆のシュート回転ですねw

 

これが、意外に知られていない部分です。

 

 

プロのなかでも、

 

逆クロスにスマッシュを打つ時には、

 

若干シュート回転をかけて、

 

スマッシュを打つ選手が結構います

 

 

そのイメージはやっぱり野球が一番です。

 

 

ボールの内側を撫でるように指が通っています。

 

 

 

同じく、ラケットに見立てると、

 

いいでしょうw

 

テニスでいうと、ツイストサーブのような回転ですねw

 

 

こうやって回転をかけていきます。

 

 

 

決まるスマッシュの打ち方(コース)

 

 

次のポイントとなるのは、

 

「コース」です。

 

 

コースは一番重要なところで、

 

スマッシュの決定力の7割くらいを占めているといっても

 

過言ではありません。

 

 

コースを打ち分けることで、

 

状況はかなり変わってきます。

 

 

どんなに威力があっても、

 

ある程度コースがわかり、

 

ラケットが当たりさえすれば、

 

意外に返せるものです。

 

 

よく、トッププロがスマッシュをそのまま逆襲したりしますからねw

 

 

 

上の動画がいい例で、

 

コースが悪いと、ポイントを奪われることも

 

よくあることですw

 

 

なので、スマッシュでどこを狙うか、

 

という部分ですが、

 

 

それは、

 

 

「アレーコートで浅いところ(やや中間より)」

 

 

です。

 

 

ここを狙い入ると、

 

極端な話、

 

軽く打っても決まります。

 

 

そのくらい、決定力の高いコースです。

 

 

ここに入ると、

 

ほとんど、かなりの角度がつくので、

 

走って追いつけるレベルの話ではありません。

 

 

誰もがとれないコースです。

 

 

 

 

プロのダブルスでは、ここを狙うことが結構ありますw

 

 

ここにコントロールすることができれば、

 

どんなに緩くても、攻撃の対象にはなりませんし、

 

取られても、

 

相手はロブを返すことでいっぱいでしょうw

 

 

きわどいコースではありますが、

 

 

威力が出せない場合、

 

スマッシュのコントロール力は必須となります。

 

 

なので、ゆっくりでもいいので、しっかりと狙うことを

 

意識し練習すると、

 

すぐにできるようになるものです。

 

 

回転とコースをぜひ極めてください!!

 

 

 

女性でもできるスマッシュの対策

 

 

スマッシュはいいショットを打たれると、

 

トッププロでもどうにもできません。

 

なので、

 

 

スマッシュは打たれてから、

 

返すことを考えるのではなく、

 

 

「いいスマッシュを打たれないようなロブ」

 

 

を上げることに集中しなければなりません。

 

 

なので、

 

 

相手が打ちにくいポイントを知る必要があります。

 

 

 

それは、だれもが打ちにくいポイントですが、

 

 

「バックハンド側で深いところ」

 

 

です。

 

最悪「バックハンド側」です。

 

 

そうなんです。フェデラーには通用しませんがw、

 

 

同じロブを上げるにしろ、

 

バックハンド側にあげられると、

 

それは、チャンスボールではありません。

 

 

むしろ、

 

スマッシュを打つ側からすると、

 

ピンチとなります。

 

 

よほどうまい男性プレーヤーでなければ、

 

このボールを打ち抜くことはできないでしょう。

 

 

そのくらい難しいショットになります。

 

 

こうなると、

 

そんな体勢で打たれたスマッシュは、

 

普通のボールを

 

返すと同じになりますから、

 

 

難しくなくなり、返すことができるということになります。

 

 

なので、スマッシュを打たせない配球に

 

集中していきましょう。

 

 

 

威力のあるスマッシュを返す方法

 

 

 

いいロブが上がったとしても、

 

毎回そうやってうまくいくほど、

 

テニスは甘くありません。

 

 

 

上で紹介したようにバックハンド側の深いところに

 

ロブが上がれば、

 

 

いいですが、

 

 

そうじゃないときは、

 

スマッシュを打たれてしまうこともあります。

 

 

そんな時は、

 

あきらめるしかないのかというと、

 

そうではありません。

 

 

何事にも一か八かはあるもので、

 

テニスも例外ではありません。

 

 

相手のコースを読み、

 

 

それで、スマッシュを返すことを最後まであきらめないのです。

 

 

その時、読みが当たったとき、

 

どうやってスマッシュをかえすかというと、

 

 

「ラケットを当てるだけ」

 

 

です。

 

本当にこれに付きます。

 

 

程よく回転のかかったいいロブは

 

 

ラケットを当てるだけで行きます。

 

 

 

ロブを上げているのは、

 

エドバーグさんですが、

 

ラケットをあまり動かさず、簡単にスマッシュを返していますw

 

 

これには、無駄のない動きと

 

ボールに当てるという難しい技術が

 

必要となりますが、

 

 

そのことを知っているのと知らないのでは、

 

返球の確率はかなり違います。

 

 

実は、バレーボールでも同じなんです。↓

 

 

 

強烈なスパイクをレシーブするリベロなんかは、

 

レシーブのとき、

 

手を全く動かしません。

 

 

むしろ、体を後ろに逃がして、

 

 

ボールの威力を弱めます。

 

 

あれと同じで、テニスもスマッシュのような威力のあるボールは

 

 

ラケットに当てるだけで、

 

普通にロブができてしまいます。

 

 

この意識を忘れずに持っておくと、

 

いざというときの1ポイントにつながっていくので、

 

是非、試してみてください!!

 

 

 

まとめ

 

 

  • スマッシュは回転、コースで決まる
  • いいスマッシュを打たせない配球を考える
  • スマッシュは当てるだけで返せる

 

 

 

以上でした。

 

 

今回は力のないプレーヤーが

 

できるスマッシュを紹介しましたが、

 

是非、トライしてほしいと思います。

 

 

確率よく、できるようになるまで、

 

しっかりと練習してください。

 

 

正直、できるようになったら、

 

上級者でも返せないスマッシュとなっていると思います。

 

スマッシュを決めきれないと

 

悩まずに、参考にして練習してくださいねww

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

テニス スマッシュ 女性ができる対策関連ページ

テニス スマッシュ 打ち方 コツ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス スマッシュ 打点
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス スマッシュがうまくなる 練習法
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)