すっきりするテニス上達術!!

スポンサーリンク

テニス肘の原因 おすすめ サポーター

テニスを長くしていると、使い過ぎで痛みが出てくることがあります。

 

テニス肘の原因 おすすめ サポーター

 


にほんブログ村

にほんブログ村

 

そうです。テニス肘です(-_-;)

 

 

私もテニスを始めて14年目ですが、

 

10年目に初めて肘に痛みが出ました。

 

 

大学時代は週に6日やっていましたし、

 

社会人になっても週4日くらいでやっていたので、

 

肘に疲労がたまって、

 

痛みが出ました。

 

 

最初は少しの痛みだったので、

 

気にはしておらず、

 

特にストレッチやマッサージなどのケアもしないまま

 

放置していました。

 

数か月たったある日、朝起きたら、めちゃくちゃ肘が痛いのです(-_-;)

 

肘の痛みを感じて朝起きる日々が続きました。

 

最初はテニス肘ってテニスをしている時だけの痛みだと

 

思っていたのですが、

 

全くそんなことはなく、

 

日常生活でも痛くなってくるのが怖いところです。

 

 

テニスを長くやっている人は結構このテニス肘に悩んでいるか、

 

悩んだことのある人が多いように感じます。

 

 

上級者でもサポーターをつけてプレーしているのを

 

よく見かけますし、ジュニアの選手でもつけながらプレーしてるのを

 

見かけます。

 

 

テニス肘の原因 おすすめ サポーター

 

 

休むのが一番とわかってはいながらも、

 

やっぱりテニスが好きでやめられないんでしょうね(-_-;)

 

 

私はフォームなどを改造して、

 

肘の負担がなくなるように、より体を使うことを意識して

 

肘の痛みはとれてきましたが、

 

まだ少し残っています。

 

 

肘の痛みがあると、思い切り振ることができませんし、

 

テニス自体が楽しくなくなってしまうかもしれません。

 

そんなテニス肘を改善するためにも、

 

テニス肘の原因をしり、

 

対処法などで改善していきましょう。

 

また、テニス肘でもプレーできるようなサポーターもご紹介します!!

 

 

 

テニス肘の原因

 

 

テニス肘の原因は3つあります。

 

  • オーバーユーズ
  • 体に無理のあるフォーム
  • トレーニング不足

 

の3種類です。

 

 

この中で、ほとんどの原因は上の二つである、

 

オーバーユーズとフォームが原因でしょう。

 

 

オーバーユーズは読みのとおりですが、

 

使い過ぎということです。

 

私もテニスのし過ぎということがあって、

 

肘に疲労がたまっていました。

 

サーブを打つときはとくに、

 

肘が伸びたり、縮んだりするので、

 

腱に負担がかかります。

 

その負担が積み重なって炎症を起こします。

 

この炎症が痛みの元になります。

 

少しの痛みだからとそのままにしておくと、

 

かなりの激痛になってくるので、

 

少し痛いくらいの段階で注意しておいた方が無難です。

 

 

もう一つは無理なフォームでボールを打った時に起こりがちです。

 

よくある例が、ボールの飛びを抑えるために

 

高いポンドでガットを張っているときや、ラケットが筋力に対して

 

飛ばなさすぎる時です。

 

 

ラケット自体が飛ばないようなスペックであったり、

 

または、そういうカスタマイズをかけているとき、

 

ボールを飛ばすために、腕を押し出すようにスイングするときがあります。

 

このようなスイングをしている人は

 

例外なく、テニス肘になっています。

 

肘が外側に伸びるようなスイングでボールを打つため、

 

肘が過度に伸びてしまい、炎症の原因になるでしょう(-_-;)

 

 

私の友人も重度のテニス肘です。

 

友人はロディックのファンで、フォームのロディックのように

 

打ちます。

 

テニス肘の原因 おすすめ サポーター

 

特にフォアハンドは本人そのもので、

 

腕を押し出すような打ち方をします。

 

 

ロディックは練習もちゃんとしてますし、

 

あの体格ですから、腕で押すようにうっても

 

衝撃はあまり問題ないですが、

 

友人は、身長165cm、細めですので、

 

腕で押すようにスイングすると、肘に負担が来ます。

 

腕だけの筋力量が十分な場合はこのスイングで問題ないようですが、

 

筋力が足りていないのに、腕だけに頼ったフォームをすると、

 

肘を壊してしまうようです。

 

 

こんな風に無理をするフォームでいつもテニスをしていると、

 

肘に負担がかかり、テニス肘になってしまう傾向にあります。

 

ジュニアの選手でテニス肘を抱えている選手はほとんどこのフォームと言っていいくらい、

 

腕を押すフォームとなっています。

 

サーブでも同じように、飛ばないテンションでガットをはって、

 

サーブで力み、無理なフォームで打ち続けていると、

 

同じような症状になります。

 

 

オーバーユーズも無理なフォームもそうですが、

 

共通していることは体に無理をしていることです。

 

肘だけではなく、肩もテニスで故障する

 

部分なので、使い過ぎや違和感を覚えたときにはすぐに

 

治療に取り掛かりましょう!!

 

 

 

テニス肘のメカニズム

 

テニス肘で痛くなる箇所は3種類あります。

 

  • 肘の内側
  • 肘の外側
  • 肘の頭

 

この3つがテニス肘で痛くなる箇所です。

 

それぞれ、違う動作で痛くなる場所です。

 

 

  • 肘の内側

 

肘の内側が痛い場合は、

 

上腕内側上顆炎といい、肘の内側にある

 

腱が損傷して炎症を起こしたことにより、起るけがです。↓

 

テニス肘の原因 おすすめ サポーター

 

主にフォアハンド、サーブの時の

 

回内(プロネーション)をするときに

 

おこります。

 

 

腕を押し出すようにスピンをかけていると

 

腕だけのプロネーションを使うことになり、

 

無理にプロネーションを行ってしまい、

 

内側の腱が損傷します。

 

別の原因として、肩周りの柔軟性が失われると

 

同様にプロネーションのし過ぎで

 

肘を過度に使ってしまうようです。

 

 

  • 肘の外側

 

肘の外側が痛い場合は

 

上腕外側上顆炎といい、

 

肘の外側にある腱が炎症を起こしています。

 

 

これは先ほどの回内(プロネーション)とは逆の動作で

 

おこるけがです。

 

つまり、バックハンドのプロネーションですね。↓

 

テニス肘の原因 おすすめ サポーター

 

バックハンド(特に片手打ち)でスピンをかける時の

 

スピネーションを過剰に行った時になるものです。

 

こちらも手だけでスピンをかけようと

 

頑張った時に、

 

プロネーションを無理にやってしまい、

 

過度に肘をひねったためおこるものです。

 

 

  • 肘の頭

 

最後に肘の頭(とんがっているところ)が痛む場合ですが、

 

これはサーブの時によく痛める部分です。

 

フォームによることが大半ですが、

 

サーブを打つときに肘が伸びすぎてしまうのが原因です。

 

ひじ関節が伸びて、肘の頭部分あたりの腱が

 

潰されます。↓

 

テニス肘の原因 おすすめ サポーター

 

 

この3種類がテニス肘になる

 

要因です。

 

テニス肘はフォームによることが結構多いので、

 

フォームが悪いまま酷使すると、治ってもすぐに

 

再発したりします。痛い場所の確認をして、

 

痛くならないように

 

体を使ったスイングを心がけるようにしましょう!!

 

 

テニス肘の予防と治療

 

 

テニス肘の治療に一番いいのは、テニスをせず、

 

肘を休めることです。

 

肘の関節は血液があまり流れていないので、

 

完治するとなると数か月かかる場合がありますが、

 

確実に治るものです。

 

重度のけがで、

 

靭帯が切れたとなると、手術などが必要になりますが、

 

ほとんどの場合は炎症程度のものなので、

 

自然治癒を待ちましょう。

 

その間はテニスをしないだけで、

 

インナーマッスルのトレーニングをしたり、

 

肩関節の柔軟をしたりと、復帰したころには

 

柔軟性もできて以前より強くなることは間違いなしです。

 

この動画はインナーマッスルを効率よく鍛える方法を紹介しているので、

 

これを見て実践してみてください。↓

 

 

また、チューブを使ったトレーニングがお勧めです。

 

こちらも日々行うことで、以前より強靭な肘、肩周りを作ることができるでしょう。

 

 

テニスは休みたくないという人は、

 

打球感の柔らかいガットに変えたり、

 

無理なく振れるラケットへの変更など、

 

肘への衝撃が少なくなるように心がけるだけでも

 

結構違います。

 

ポンドを下げるだけでも結構違いますので、

 

おすすめです。

 

もちろん、インナーマッスルのトレーニングも並行して

 

行うと、効果は高いでしょう。

 

 

また、テニス肘の症状を緩和するものとして、

 

アイシングとストレッチがあります。

 

アイシングは、冷たくすることで、

 

痛みを感じなくする効果と、

 

余分な熱を奪って、けがの治りを速くする効果があります。

 

 

またストレッチは可動域を少しでも広げ、

 

同じ動作でも痛みが起きないようにする効果があります。

 

 

ストレッチの方法としては、

 

手首を前にだし、

 

痛くない方の手で、

 

引っ張るストレッチです。

 

 

 

手首周辺の筋肉と、手首が伸びるので、

 

可動域が広がり、

 

痛みがなく打てるようになります。

 

 

また、アイシングの方法は

 

専用のものを買ってやってもいいですが、↓

 

 

要は、幹部を冷やせればいいので、

 

ビニール袋に

 

氷を詰めて、水を少し入れるだけで十分にその効果はあります。

 

ただし、ビニールを重ねてやらないと、たまに破けて大変なことになるから

 

気を付けてね(笑)

 

 

 

テニス肘におすすめのサポーター

 

テニス肘のひとはできるだけ、肘を使わないことが

 

早期の治療につながりますが、

 

できれば、「テニスを続けながら治したい」

 

という人が多いでしょう。

 

 

そういったよくばりな方は、

 

サポーターをつけましょう!!↓

 

 

 

どういったものかというと、

 

肘に巻いて、幹部を圧迫し、

 

肘にくる振動を減らすものです。

 

最初は違和感がありますし、

 

ボレーのタッチ感覚が鈍ることがありますが、

 

なれます。

 

 

テニス肘におすすめのサポーターは何かというと、

 

要は、しっかりと締め付け、固定できるかどうかです。

 

 

プレー中もずれず、固定できるサポーターといえば、

 

いくつか種類がありますが、

 

絶対的なおすすめは、

 

 

 

 

 

この2つは、かなり締め付けきれますし、

 

つけるだけで、本当に痛みがなくなります。

 

よほど振動吸収がいいのでしょう。

 

 

買い足すこともないので、できるだけ、

 

いいものをという考えから、選んだのがこの2つです。

 

 

私は内側のテニス肘ですが、

 

プリンスのをいまでもたまに使います。↓

 

 

とても着け心地がよく、

 

しっかりとついている感じで違和感はありません。

 

他にもいろいろ試してみましたが、

 

なかなかいいものがなかったので、

 

とても満足でした。

 

 

今も完治はしていませんが、

 

ちょっとずつよくなっています

 

 

テニスをしながら、テニス肘を直したい人にとっては最高のサポーターで、

 

めちゃくちゃお勧めできますよ!!

 

 

 

まとめ

 

 

  • テニス肘の原因は3つある
  • テニス肘の種類も3つある
  • 共通点は腕に無理をさせること
  • 休養が最も大事だが、サポーターをつけながらだとよくなってくる

 

 

以上でした。

 

テニス肘は休むと本当によくなってきます。

 

やっぱり炎症なので、

 

無理しないのが一番なんですねw

 

できるだけ、腕に無理をさせないように、

 

アイシングやストレッチでケアしつつ、サポーターを

 

つけてテニスを楽しみましょう!!

 

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

テニス肘の原因 おすすめ サポーター関連ページ

おすすめストリング
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
初心者 テニスラケット おすすめ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ラケット 選び方
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ガット テンション 初心者から上級者
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス グリップ テープ 種類と巻き方
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ガット おすすめ ナチュラルとナイロンとポリ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ラケット グリップサイズ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 練習 ボール
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス グリップ 厚い 薄い
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ラケット 重さ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
ヨネックス レグナ 感想とインプレ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
Vcore SV 95インプレ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)