すっきりするテニス上達術!!

スポンサーリンク

フォアハンド記事一覧

フォアハンドでボールをたたく!!

テニスのフォアハンドでボールをたたくにはどうすればよいか?にほんブログ村にほんブログ村ボールをたたけると、基本的にショットの確率が上がり、風などにも負けない安定したショットが打てるようになります。そんなボールのたたき方について考えてみましょう!ボールをたたくとは?あなたはボールをたたくって聞くと何を...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 打ち方 基本

テニスのフォアハンドの打ち方の基本は何でしょうか。にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑私もフォアハンドにはとても悩みました。どんくらい悩んでいるかというと、もう、10年以上になります(笑)フォアハンドに対する期待は人一倍強いですからねwフォアハンドが強い選手はとにかく、試...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 打点

テニスのフォアハンドの打点はにほんブログ村にほんブログ村初心者にとっていまいちわからないもので、意外にも、「自分の打点はここです!」と言い切れる人はあまりいないと思います。あまり打点を意識することがないのでしょうねwwよく言われることに「打点を前にする」ということがありますが、いまいちわからない人が...

≫続きを読む

 

ナダルのフォアハンドに学ぶ

ナダルのフォアハンドから何が学べるかについてにほんブログ村にほんブログ村ナダル選手のフォアハンド、ものすごいですね。このフォアを生かして、今年2013年の最後のグランドスラムUSオープンで圧勝しましたねwwジョコビッチ選手が有利だという前評判を打ち崩すような圧勝の決勝戦でした。ナダル選手は以前からそ...

≫続きを読む

 

テニスフォアハンド体が開く防止法

フォアハンドを打つ際に体が開くっていう悩み多いですよねwにほんブログ村にほんブログ村フォアハンドで体が開くと、パワーがその分逃げてしまうので、運動連鎖的にも悪いですし、コントロールも悪くなってしまいます。体が開かないと、ちゃんと軸回転でボールが打て、威力のある、コントロールがいいボールが打てますねw...

≫続きを読む

 

フォアハンドストローク 安定 コツ

フォアハンドストロークの安定は試合の勝敗を左右します。フォアハンドのコツがわからないと、ずっとフォアに不安を抱えたまま、試合に出たり、練習したりするので、テニスに不満が出てくるでしょう(^_^;)そしたら、最悪テニスが楽しくなくなってしまうかもしれません。。プロ選手でもフォアハンドが安定しないとイラ...

≫続きを読む

 

フェデラー フォアハンド 打ち方

テニス界のレジェンドフェデラー選手のフォアハンドはにほんブログ村にほんブログ村とてもすごい武器ですし、何よりかっこいいです。フェデラーのフォアハンドは左右、前後、どこにでもボールを打ちこめます。自分のポジションに関係なく、広角に自在に打ち、相手の予測できないところに打ちます。最近は回転量を少なめに、...

≫続きを読む

 

テニス エッグボール 打ち方

エッグボールというショットをご存知でしょうか?にほんブログ村にほんブログ村テニスをしている人なら一度は聞いたことのあると思います。ナダル選手に代表されるスピンショットの名前です。なんでわざわざエッグボールと呼んでいるかというと、めちゃくちゃスピンがかかっているので、軌道が卵のようになっているのです。...

≫続きを読む

 

テニス フラット ストローク

現在テニスではスピン全盛の時代です。にほんブログ村にほんブログ村フラットストロークは昔に全盛のショットでした。サンプラスの時代からフラットストロークが消えはじめ、一部の天才以外は使えない技術となってしまっています。フラットストロークの特徴は、とにかく速いことです。ライジングショットなどに向いているシ...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンドスライスのコツ

フォアのスライスは意外と重要なショットです。にほんブログ村にほんブログ村上級者は器用に追い込まれたときはフォアでもスライスをつかって、リスクを少なくしますが、↓中級者くらいまでは、フォアに来たらスピンのみというような一辺倒で球種が限られています。フォアのトップスピンははまれば強力ですが、打てない体制...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 足

テニスのフォアハンドは手の動きに注目がにほんブログ村にほんブログ村いきますが、実際にフォアハンドの安定性、力強さなどを決めているのは、足です。右利きの選手なら、右足。左利きの選手なら、左足。が一連の動きの最初の動きになります。実際、プロ選手や上級者はこの軸足の使い方が非常にうまく、正確に足をセットし...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 厚い当たり

テニスには厚いあたり、薄いあたりという言葉がありますが、にほんブログ村にほんブログ村現代のフォアハンドは厚いあたりが求められています。厚いあたりとは言い換えるとボールをつぶして打つようなあたりです。ボールをつぶすして打つのは、一般レベルでも十分にあります。上級者はほとんどすべてのボールをある程度、つ...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド クロスと逆クロスのコツ

最近、シングルスの大会にでると、にほんブログ村にほんブログ村フォアハンドの大切さをとても感じます。試合で打つフォアハンドの割合は、ほとんど8割以上で、クロス、逆クロスに打てることで、相手を振ったり、惑わしたりすることができます。私が試合で負ける時は、たいていフォアハンドが不調のときで、少しだけアウト...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 強打のコツ

テニスの試合でフォアハンドは8割くらいをしめるショットです。にほんブログ村にほんブログ村リターンでバックハンドを狙われることがあると思いますが、それを含めても、フォアハンドで打つ確率の方が多いでしょう。フォアハンドは利き手のショットでもあるため、感覚もいいですし、バックハンドに比べて、プレッシャーの...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 左手を使うコツ

テニスのフォアハンドでは、体の回転を使うため、にほんブログ村にほんブログ村左手が重要になります。よく見られるのが、左手がブランブランしている選手です。調子がいい時はいいフォアハンドがうてる時もあるかもしれませんが、調子が悪いときは、めちゃくちゃ(^_^;)そうなると、安定とはかけ離れた状態なので、試...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 打ち方(ダブルベンド)

フォアハンドの打ち方の中で、にほんブログ村にほんブログ村ダブルベンドとストレートアームという大きく2つの打ち方があります。プロから一般レベルまで、この2つの打ち方に大きく分けることができるのですが、ダブルベンドはジョコビッチ、フェレール、などなど多くのトップ選手が使っている打ち方です。かなり強力なシ...

≫続きを読む

 

テニス フェデラー フォアハンド

テニス界で、フェデラーのフォアハンドはベストショットの一つです。にほんブログ村にほんブログ村私自身、フェデラーのフォアハンドはよく研究して、どうやったら打てるようになるのかを模索していた時期があります。。フェデラーファンとして、やっぱりフォアハンドだけは譲れないところがあります。。なので、フェデラー...

≫続きを読む

 

ナダル フォアハンド グリップ

テニスのATPの選手の中で、にほんブログ村にほんブログ村最強のフォアハンドを持っている人は数人います。その中の一人、ナダル選手のフォアハンドグリップについて、ご紹介したいと思います。ナダル選手はご存じのとおり、生粋のベースラインプレーヤーです。全仏オープンでは、異常なコートカバーを見せ、私の記憶では...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド ワイパー

現代のテニスのフォアハンドはワイパースイングが基本です。にほんブログ村にほんブログ村ワイパースイングというと何かわからない方もいるかもしれませんので、軽くご説明すると、車のワイパーのようにスイングすることからその名前が来ています。車のワイパーを腕に見立てて、腕を、ある一定の角度をもって振っていく。。...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド オープンスタンス

テニスのフォアハンドの打ち方は、オープンスタンスが主流となっています。にほんブログ村にほんブログ村昔は、踏み込んで打つというクローズドスタンスが主流でした。踏み込んで、その体重移動でボールを打つので、踏み込み足が必要になります。動画はレンドル選手という以前のナンバー1プレーヤーですが、フォアハンドを...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド イップス

テニスのフォアハンドはイップスになりやすいにほんブログ村にほんブログ村と言われています。フェデラー選手でも一時期イップス状態になっていました。↓最初はいいのですが、試合が進むにつれてフォアハンドが悪くなっていくのです。。イップスといったら、ゴルフでよく聞くもので、パターを打つときに、どう打っていいか...

≫続きを読む

 

デルポトロ フォアハンド

デルポトロのフォアハンドはとても強烈です。にほんブログ村にほんブログ村以前から規格外の選手といわれ、田中信弥元プロからは、次元の違うテニスとまで言わしめた選手です。デルポトロ選手の特徴としては、なんといってもパワープレー。2mに近い身長から繰り出されるサーブは威力もさることながら、角度が強烈ww20...

≫続きを読む

 

ワウリンカ フォアハンド

ワウリンカ選手はバックハンドが注目されがちです。にほんブログ村にほんブログ村しかし、ワウリンカのフォアハンドはバックハンドなみの武器となったので、全豪オープンの優勝という快挙を成し遂げました。そうなんです。ワウリンカのフォアハンドはかなりすごい武器なのです。ワウリンカは強烈なフォアハンドをもっていて...

≫続きを読む

 

マレー フォアハンド グリップ

マレーのフォアハンドはにほんブログ村にほんブログ村基本にとても忠実で、体の回転を生かすという点では、かなり参考になるフォアハンドというのは、以前に説明しました。↓テニス マレーのフォアハンド 動画実はグリップもとてもオーソドックスで、参考になるのですwフォアハンドはグリップですべてフォームが決まって...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド アウトする原因

テニスでフォアハンドをアウトミスするのは、にほんブログ村にほんブログ村誰しもが経験したことがあるものですが、その中でも特に、きついのが、試合中にアウトしまくるという経験です。以前、私はフォアハンドがまったく安定しておらず、かなり、負けまくってましたwフォアハンドの感覚がなくなって、アウトしまくるんで...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド コントロール

テニスでフォアハンドは利き腕のショットですが、にほんブログ村にほんブログ村意外に不安定になりやすく、コントロールミスが増えがちです。フォアハンドをコントロールできると、かなり試合に強くなります。強打やつなぎのボール、攻め込まれたときに、相手の意表をつくパッシングショット。どれも、フォアハンドに来たら...

≫続きを読む

 

フェデラー フォアハンド 手首

久々に、フェデラーのフォアハンドについて大きなことをにほんブログ村にほんブログ村気づいたので、書いてみました。その気づいたポイントというのが、手首なんです。実は、フォアハンドを打つときに、外せないポイントの中に手首の形があり、その形ができていないと、うまくフォアハンドを打つことはできません。手首はイ...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 打てない

テニスでフォアハンドが打てないときはいろいろな原因があります。にほんブログ村にほんブログ村突如起きるものなので、こうなると、ショックとともに、フォアハンドを絶たれた感じで、試合にとても自信が持てなくなります。こうなると、もちろん試合に出たくなくなりますし、最悪、テニスをしたくなくなります。フォアハン...

≫続きを読む

 

フェデラー フォアハンドグリップ スローでわかること

フェデラーのフォアハンドをスローで見ると、本当にすごいにほんブログ村にほんブログ村ことがわかります。フェデラーはスローで見ないと、スイングスピードが速すぎて、面の動きなどは、見えませんからねwそもそも以前からyoutubeなどで見れるようになったプロの練習動画ですが、最近ではスローの映像も見れるよう...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 両手

テニスのフォアハンドで両手打ちの選手がにほんブログ村にほんブログ村まれにいます。ジュニアのころからテニスをしていて、力不足があったのでしょう。フォアハンドで片手でラケットが持てず、両手でうち、そのまま強くなり、両手打ちを変えていない選手がほとんどでしょう。両手打ち選手ではマリオン・バルトリ選手、森田...

≫続きを読む

 

ジョコビッチ フォアハンド グリップ

ジョコビッチのフォアハンドはスピードがかなり速く、にほんブログ村にほんブログ村対戦相手がそのスピードボールにびっくりしたりしているのがうかがえます。以前は、フォアハンドで回転がかかりすぎていて、浅くなったり、攻撃するのが遅かったのが特徴でしたが、現在ではそうではありません。ナダル選手を超えそうなボー...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド ジャンプ

テニスのフォアハンドでジャンプして打つなとか、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑よく言われていますが、実際のところどうなのでしょうか。錦織選手もジャンプしていますし、他のトッププロもジャンプしているように見えます。具体的に言うと、フェデラーなんかもジャンプしてうっている...

≫続きを読む

 

ナダル フォアハンド スロー

ナダルのフォアハンドはスローで見てもにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑速いことがわかるくらい、すごいフォアハンドです。今年の全仏2014では、決勝、ジョコビッチという強敵と当りながらも全仏4連覇。8回目の優勝という快挙です。そもそも1回勝つだけでもすごいグランドスラムで...

≫続きを読む

 

テニス エッグボール 動画

テニスでエッグボールが打てるようになると、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑かなりストロークで有利になります。エッグボールってどんなショット!?という質問に簡単にこたえたいと思います。それは、「回転とスピードが両立したショット」です。ということです。また、それに付け加え...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 肘

テニスのフォアハンドはにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑打点の安定のためにも「肘」が結構重要な役割を果たしています。打点が安定するということは、普通のストロークがかなり安定してきます。肘の角度や肘の使い方はとても大事で、これができていないと、コートに入らなくなります。フ...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 押さない

テニスのフォアハンドでは、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑昔からボールを押すように打つとかスイングは腕で押すと教えられがちです。もちろん、初心者のときは、押した方が簡単にボールが飛んでいきますので、その打ち方が正しいと思いがちでしょう。私自身も、初心者の時からテニスを...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 強力

テニスのフォアハンドでにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑強力なショットを打てるようになると、試合ではかなり有利な展開に持っていけます。もちろん、そのフォアハンドを打ち続ける体力があることを前提に考えると、かなり有利ですよねwそして、強力なフォアハンドは皆が身に着けたいと...

≫続きを読む

 

ディミトロフ フォアハンド 打ち方

ディミトロフはベイビーフェデラーとにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑呼ばれるくらい、似ています。特にフォアハンドのフォームとバックハンドのフォームはそっくりで打ち方も似ています。また、もちろん、ベイビーといわれているのは、フェデラーよりも劣っていることを暗に言っているの...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 高い打点

テニスのフォアハンドは高い打点でうてることがにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑上達の壁としてあります。中級者くらいまでは通常のストロークは打てますが、高い打点でフォアハンドで打ち込んでいく攻撃的なテニスはかなりスイングが安定していないとできません。なので、高い打点で簡単...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド プロネーション

テニスのフォアハンドではプロネーションがとてもにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑大事です。強烈なフォアハンドをうつ選手やスピンをかけることを得意としている選手は例外なくきれいなプロネーションを行っています。プロネーションという言葉は最近から言われ始めていて、以前のスイン...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド グリップエンド

テニスのフォアハンドの指導法では、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑グリップエンドがどう動くかを重視されていることがあります。グリップエンドの動きをいろいろな情報がわかります。また、プロは全員と言っていいくらいフォアハンドが武器ですが、グリップエンドに共通点があります。...

≫続きを読む

 

フェレール フォアハンドのポイント

フェレールはスペインの選手でにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑大柄ではないですが、フォアハンドを軸としたストロークが武器です。フェレールは正直、個人的には紛らわしいと思っていました。フェデラーファンである私は、フェデラーとフェレールを間違えることが多かったのですwフェデ...

≫続きを読む

 

伊藤竜馬 ドラゴンショットの打ち方

伊東竜馬選手はご存知ない方にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑いるかもしれませんが、全日本選手権でも優勝の経験がありますし、かなりの実力者です。日本の選手と言えば、錦織圭のイメージがとても強く、全米オープン準優勝で、さらにそのイメージが強くなりましたが、やはり伊東竜馬も忘...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 軸足

テニスのフォアハンドの軸足はにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑利き腕と同じ側の足であることは結構知られていると思いますが、なぜ、軸足が重要かわからない方も多いかと思います。軸足はフォアハンドを打つ時だけじゃなく、バックハンド、ボレー、はたまた、サーブでもかなり重要な要素...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 手首

テニスのフォアハンドで手首の使い方、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑形はとても重要です。手首の形によって面の垂直になるときの角度が変わりますし、手首のやわらかさによっても変わります。手首は体の末端で、運動連鎖の最後ですが、足からのエネルギーをボールに伝える最後のパーツ...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 肩の使い方

テニスのフォアハンドでは、肩の使い方がにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑重要になってきます。強力なフォアハンドを打つ選手は自然とその使い方ができていますが、あまりフォアハンドが得意でなかったり、手だけで打ちがちな人、または、最初は体で打てていても、手打ちになってくる人な...

≫続きを読む

 

アガシ フォアハンド グリップ

アガシのフォアハンドは強烈です。にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑と、ここでいきなりアガシを取り上げるのは、お分かりかと思いますが、そうです。とんねるずのスポーツ王に出演していました。とんねるずの助っ人として、マイケル・チャンも参戦していましたが、さらなる助っ人として、...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 苦手

テニスでフォアハンドはにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑最初、試合などでかなり頼りになるものですが、ある程度、ストロークが打てるようになると、意外にフォアハンドが安定しなくなってきます。特に両手打ちバックハンドの選手はバックハンドの方が得意になりやすい傾向にあって、逆に...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド インパクト

テニスのフォアハンドのインパクトは大事です。にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑インパクトの感覚で飛んでいく打球が決まりますし、もっと詳しく言えば、インパクトでラケットとボールがどう当たるかで、変わってきます。つまり、極端な話をすると、テイクバックやフォロースルーがどうで...

≫続きを読む

 

ベルディヒ フォアハンドのポイント

全豪オープン2015ではマレーに惜しくもやぶれたものの、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑好調だったベルディヒ選手に注目してみたいと思います。ベルディヒ選手といえば、やっぱりフォアハンド。本当にキレのあるフォアハンドを連発しますねw身長が高い選手なので、サーブもかなり強...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド ラットショットのコツ

テニスのフォアハンドで、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑高確率でポイントが決まるショットの一つにラットショットというのがあります。ラットショットは世界トップの選手が使い始めて浸透していきました。私が知る限りでは、試合で始めて使って世界を驚かせたのは、フェデラー選手です...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 手打ち

テニスのフォアハンドは手打ちになりやすく、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑それで悩んでいる人も多いでしょう。フォアハンドの手打ちに悩んでいるということは、フォアハンドが安定せず、ミスが多いのでしょうね。とても気持ちわかります。私もそうですし、今でも一年に2回こんな風に...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド テイクバックのポイント

テニスは準備が80パーセントを占めるスポーツで、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑その中でもフォアハンドのテイクバックは、きちんとしておきたい技術の一つです。フォアハンドは最初から打てる唯一のものなだけに、我流のひとが本当に多いです。やはり我流だと、技術的に間違いがあっ...

≫続きを読む

 

フェデラー フォアハンド 逆クロス

フェデラーのフォアハンドはとても多彩で、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑かなり攻撃力がありますが、その中でも逆クロスは世界一の攻撃力を誇っています。フェデラーのボールの質自体は、そこまでいいとは思えませんが、的確にスピンをあやつり、外に逃げていくようにボールをコントロ...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 高い打点での手首

テニスのフォアハンドは高い打点で攻めることでにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑かなりの威力を発揮します。高い打点で安定してせめるには、手首の形がとても重要です。一般プレーヤーで意外とミスが多く、大事な場面で決めきれないのが、高い打点で、そのミスの大半は手首の使い方が間違...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド ボールとの距離

テニスでボールとの距離感はとても大切なにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑要素です。バックハンドはフォアハンドに比べて不器用な分、打点が一つに安定しやすく、距離感が問題になることは少ないんですが、フォアハンドは器用に打ってしまえるがために、打点がばらばらになりやすく、ボー...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 強化のポイント

テニスの試合で勝つには、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑フォアハンドの強化がかなり結果に結びつきやすいです。フォアハンドを強化すると、まず、フォアハンド側のリターンがよくなりますし、チャンスボールを確実に決めれるようになります。今より強打できる範囲が広がると、かなり状...

≫続きを読む

 

テニス ビッグフォアハンド テイクバック

テニスでビッグフォアハンドを打つ選手はにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑テイクバックに特徴があります。フェデラー選手や錦織選手のような天才型の選手は、センスがかなりよく、おなじテイクバックから強烈なフォアハンドとタッチを生かしたフォアハンドを打ちますが、普通の選手が強烈...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 回り込み

テニスのフォアハンドでは、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑プロもよく使いますし、自分の強み、対応力の高いストロークを打つという意味でも回り込みを多く使います。そして、回り込むといえば、フォアハンドですねwフォアハンドの回り込みは難しい技術ですが、一度身に着けてしまうと...

≫続きを読む

 

キリオス フォアハンド グリップ

キリオス選手は最近活躍し始めた選手で、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑長身ですが、今まであまり類を見ない選手です。そのフォアハンドは強烈で、ボールの質はかなり高く、若いころのジョコビッチのように長い手足をフルに生かしたフォアハンドを打ちます。キリオスのフォアハンドは本...

≫続きを読む

 

テニス フェレール ミスがないフォアハンド

フェレール選手はスペインの選手で、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑日本人のように小柄な選手ですが、フォアハンドは昔から驚異的で、かなり攻撃的なフォアハンドを打っていました。スペインでは、ミスをしないテニスを教えられます。そして、ポイントを短く抑えるのではなく、しっかり...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 調子が悪いとき

テニスでフォアハンドが調子悪いとき、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑なにか対策法を持っていますか?試合でフォアハンドが崩れることは結構あります。以前は片手打ちバックハンド、薄いグリップでフォアハンドをうっていたのでわかりますが、とても不安定になりやすいものです。1試合...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 軌道をコントロールする

テニスの試合で効果的なショットを打つには、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑そのショットごとの軌道を理解する必要があります。低い軌道でいきるショットもあれば、高い軌道でいきるショットもあります。軌道のイメージがうまくできていないと、ミスにつながりますし、効果的なショット...

≫続きを読む

 

錦織圭 フォアハンド スロー

錦織圭選手のフォアハンドをスローでみると、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑フォアハンドでここを抑えておけばいいというポイントが見えてきます。特に錦織選手の持ち味は、安定した軌道で打つスピンです。最近(2015年6月)では、ゲイリーウェイバーで準決勝まで進んだときがあり...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 腰で打つ

テニスのフォアハンドでよく言われるにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑アドバイスに腰で打つというのがあります。腰で打つというアドバイスはいろいろなスポーツで言われています。野球、ゴルフ、卓球でもよく言われます。体を回転させて打つ競技の時に言われる感じですねwさて、腰で打つ...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド パームアウト

テニスのフォアハンドでパームアウトというテクニックがあります。にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑フォアハンドでトップスピンをかける時、昔はワイパースイングというのがあり、その次にパームアウト、そして、プロネーションという順でトップスピンをかける技術としてあります。パーム...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 懐の深さ

テニスではよく懐が深いという表現がありますが、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑いまいちよくわからない部分でもあります。口で説明するのは難しい部分もあるかと思いますが、実際にうまい選手、特にプロの選手を見ていると、本当に懐が深いと感じます。対戦相手にもそんな選手がいて、...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 体幹を使う

テニスのフォアハンドは体幹を鍛えると、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑とても安定します。体幹を鍛えると、軸が安定し、体の回転を利用するショット、つまりフォアハンドなんかは、かなり安定します。私自身、毎朝体幹を鍛えていますが、かなりショットのキレ、安定感が増しています。...

≫続きを読む

 

テニス ストローク ミスを誘う

テニスのストロークでミスを誘うにはにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑いろいろな方法があります。しかし、試合で使える、実践的なものというのはあまり知られていません。プロのレベルになると、凡ミスがほとんどなく、ミスがでるときは、大抵相手のプロがなんらかのショットを3つほどお...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 面が上を向く

テニスのフォアハンドで面が上を向くと、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑あまりよくありません。面が上を向くとアウトしやすくなりますし、スピンもかけづらくなります。プロでもそうなのですが、例外的な選手もやっぱりいます。それは、ナダル選手です。最近は攻略されてきているのか、...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 素振り

テニスでフォアハンドの素振りは初心者のころからにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑教えられるもので、部活などでは、よくやられているものになります。部活では初心者の人は本当に素振りしかさせられないという場合も多いでしょう。コーチで部活生に教えることもありますが、そんなとき、...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド バックスイング

テニスのフォアハンドでバックスイングを気にする人がいます。にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑バックスイングについてはきになるところではありますが、結論からいうと、特に意識しないことがポイントだと思います。初心者のころは、バックスイング、テイクバックの形やフォームをいろい...

≫続きを読む

 

ティエム フォアハンド グリップ

ティエムのフォアハンドのグリップはどのように握っているのでしょうか?にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑グリップはスイングを決めますし、打点も関係してくるので、とても大切です。ティエム選手のフォアハンドはというと、見ての通り強力のひとこと。大きなテイクバックから、ダブルベ...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド ボールを押す

テニスのフォアハンドもそうですが、バックハンドでもボールを押すにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑というアドバイスがよくあります。上手く打てている人が実際にいうアドバイスなので、よく実践されがちですが、本当の意味を理解しないと、ミスが連発することになりがちです。私もテニス...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド がしゃる

テニスのフォアハンドでがしゃるのは何で起こるのでしょうか?にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑練習でもがしゃったり、ミスヒットしたりします。がしゃるというのは、ミスヒットということでもありますが、フレームにボールが当たるときにそういいます。がしゃりはタイミングがずれたとき...

≫続きを読む

 

フェデラー フォアハンド 真似

フェデラーのフォアハンドを真似するのは、にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑非常に上達できると思います。なんてったって、フェデラーは100年に一人の天才。そして、史上最強のオールラウンダーです。これはもうまぎれもない事実だと思います。特に、フォアハンドは今でもまさに世界一...

≫続きを読む

 

フェデラー フォアハンド 変化

フェデラーのフォアハンドがにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑時代に応じて少しずつ変わってきています。時代に対応するように変化しているんですね。フェデラーの初期の段階は、スピンをかけるスタイルでしたが、今はご覧の通り、フラットドライブを打ちまくるスタイルです。すごくスピー...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 最強

テニス界のフォアハンドで最強の選手といえば、だれになるでしょうか。にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑フェデラー選手もその候補に挙がりそうですが、フォアハンドだけをとると、ほかにもいそうです。スピードボールを打つのが世界一の選手。スピンを打つのが世界一の選手。対応力が世界...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド ジャックナイフ

テニスのフォアハンドでジャックナイフを打つ機会がにほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑あるでしょうか。ジャックナイフは両手打ちバックハンドでよく知られている技術ですが、片手うちバックハンドでも使っていいですし、フォアハンドでももちろん大丈夫です。背の低い選手はジャンプして打...

≫続きを読む

 

テニス フォアハンド 胸を張る

テニスのフォアハンドでは胸を張る動きも重要になってきます。にほんブログ村にほんブログ村↑役に立ったらクリックお願いします↑フォアハンドには、いくつかのポイントがありますが、大事なポイントは体を連動させることになります。大きくは体幹と足ですが、プラスアルファとして、肩甲骨、そして、胸があります。いいフ...

≫続きを読む

 

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)