すっきりするテニス上達術!!

スポンサーリンク

テニス 筋トレ 腕

テニスに係らず、筋トレと言えば、

 

腕!!

 

 

 


にほんブログ村

にほんブログ村
↑役に立ったらクリックお願いします↑

 

 

という意識がいまだに根付いているような

 

気がします。

 

 

しかも筋トレと言えば、二の腕を鍛える。

 

 

つまり、腕立て伏せですねw

 

 

腕立て伏せは、

 

正しい姿勢でやると、

 

体幹も鍛えることができるので、

 

腕だけでなく全身を鍛えることができる

 

 

筋トレですが、

 

多くの人は二の腕にのみ集中しているでしょう。

 

 

テニスには腕の筋力は必要ですが、

 

二の腕の筋力はあまり必要以上にはいりません。

 

 

つまり、そこまで腕の筋力を必要としないのが

 

テニスなんです。

 

 

初心者の方にとっては意外かもしれませんが、

 

テニスは足で打つものです。

 

 

なので、基本的に腕でパワーをだすのではなく、

 

足からパワーを出していきます。

 

 

本当に口酸っぱくこのサイトでは言っていますが、

 

テニスは足からパワーを生み出します。

 

 

この意識を強くもつことが大切ですw

 

 

腕から力や、手首の力でショットを打つことも可能ではありますが、

 

長時間持ちませんし、

 

安定性に欠けます。

 

 

そうやって手首や腕で返すときは、

 

緊急事態のような時なので、

 

そもそもそこに追い込まれないような状況に

 

目を向けるのが普通ですw

 

 

しかし、パワーの役目はもっていない腕の筋肉ですが、

 

もちろん、いらないわけではありません。

 

 

足からのパワーを腕からラケットに伝えていく

 

段階で、やはり腕の筋力は使われます。

 

 

その使われ方を理解していきながら、

 

おすすめの筋トレ法を紹介していきますww

 

 

 

 

テニスでの腕の筋肉の役割

 

 

 

テニスで腕の筋肉は大事ですが、

 

パワーをだすものではありません。

 

 

先ほども紹介したように、

 

パワーは足でつくりだし、

 

それを上半身に伝えていくということが重要になります。

 

 

では、腕はどういった役割を果たしているでしょうか。

 

 

それは、

 

「インパクトを安定させる」

 

 

という役目を持っています。

 

 

インパクトを安定させるとは

 

どういうことかというと、

 

 

ラケット面のスイートスポットから外れたときに、

 

力で面がぶれないようにすると

 

考えがちですが、

 

それではありません。

 

 

その本当の役目は、

 

 

「体とスイートスポットの位置関係を保つこと」

 

 

です。

 

 

現代のテニスは、

 

回転運動を主としていて、

 

スイング自体も遠心力がかなりかかるようなもの

 

になっています。

 

 

遠心力にはむかわず、

 

そのまま脱力していると、

 

ストレートアームになると思われがちですが、

 

それも違います。

 

 

ストレートアームでも、若干の腕の曲げ具合があり、

 

完全に脱力しているわけではありません。

 

 

なので、ダブルベンド、ストレートアームでも、

 

しっかりと腕を曲げ、体とスイートスポットの距離を

 

一定にしないといけません。

 

 

 

フェデラーの動画を見てもある程度

 

腕と肘の角度が保たれていることが

 

わかります。。

 

 

そのため、ある程度、

 

遠心力に負けない腕の力が必要です。

 

 

そのために腕の力をきたえないといけないんですねw

 

 

ナダル選手の左手を見てみましょう。

 

テニス 筋トレ 腕

 

すごい筋肉ですが、

 

それだけ、

 

遠心力が強いんですねw

 

 

遠心力に対抗するための腕の筋力として、

 

あれだけの太さになってしまったということです。

 

 

実際にナダルのトレーニングには

 

腕を鍛えるというものはあまりありません。

 

 

ハードなトレーニングで

 

体の回転力を上げることで、

 

自然とあの筋力が付いたのでしょう。

 

 

恐るべしです。

 

そりゃこんなトレーニングしてたら、

 

いつかはああなっちゃうんですねw

 

 

では、腕のトレーニングで

 

おすすめのトレーニングをご紹介します。

 

 

 

腕を効果的に鍛える方法

 

 

 

腕を鍛えるといっても、鍛えすぎては、

 

あまり意味がありません。

 

むしろ、体の使い方を間違ってしまい、

 

腕でスイングするようになっては、

 

全体として意味がなく、

 

逆効果の可能性もあります。

 

 

筋トレしたのに、

 

ぜんぜんパワーアップした気がしないという人は

 

その可能性が高いです。

 

 

特に腕立て伏せは

 

体幹トレーニングとみるのであれば、

 

いいですが、

 

腕だけを鍛える目的でやるのであれば、

 

テニスとは動作的にも無関係です。

 

 

なので、テニスと同じ動きで、

 

遠心力が大きくなり、

 

その回転力を腕で支えるような筋トレが必要です。

 

 

これで、テニスに必要な腕の筋肉が鍛えられるのです。

 

 

それは、

 

 

「重いものを振ること」

 

 

です。

 

 

重いものを足からのパワーを感じながら振る。

 

 

良く野球のバットを振るトレーニングで

 

やっている奴ですねw

 

 

 

 

 

 

あれで、テニスに必要な腕の筋肉を

 

鍛えながら、

 

スイングを効率よく磨いていけます。

 

 

ぜひ、そのトレーニングを試してみてください。

 

 

私は3kgのダンベルの一方を持って

 

振り回しています。↓

 

 

 

これをやった後にラケットを持つと、

 

めちゃくちゃ軽いですし、

 

かなりスイングが磨かれた感覚があります。

 

 

最初はゆっくり、正しい動作を確認しながら

 

振ってください!!

 

 

 

 

まとめ

 

 

  • 腕の筋肉は必要最小限でOK
  • 腕の筋肉がテニスにおいてどう使われているかを理解する
  • おすすめトレーニングを実践してください!!

 

 

以上でした。

 

 

腕の筋力が強くなると、

 

体の回転をより生かしやすくなります。

 

 

それによってスイートスポットに当てやすくなり、

 

かなりいいショットが出ます。

 

 

足からのパワーを使って、腕で調整するという

 

感覚を磨きつつ筋トレしてください!!

 

 

できれば、重くて、長いモノを振ると、

 

より一層効果的ですよww

 

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

テニス 筋トレ 腕関連ページ

テニス 目を鍛える
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 上達 筋トレ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス サーブ 筋トレ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 筋トレ 手首 強化
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 筋トレ 体幹
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス スタミナ・体力をつける
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 筋トレ 意味
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 筋トレ ボレー
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)