すっきりするテニス上達術!!

スポンサーリンク

テニス 練習 コントロールに気を付ける

テニスの練習はコントロールに気を付けた方が上達する。

 

テニス 練習 コントロールに気を付ける

 


にほんブログ村

にほんブログ村
↑役に立ったらクリックお願いします↑

 

ということがわかってきました。

 

 

コントロールというと、

 

非力な選手が武器とするというイメージがありますが、

 

そうではなく、

 

すべての選手が向かって行く目標になりうるんですねw

 

 

なぜこういうことをいうかというと、

 

ジュニアの指導をよくするからなんです。

 

 

ジュニアの指導をしていると、

 

顕著にわかってくることがあります。

 

 

それは、

 

「上達の違い」

 

 

になります。

 

 

あの子は上達していくのに、

 

こっちの子はそこまでうまくならない。

 

 

この差はなんなんだろうと

 

よく考えています。

 

 

この差の一つに上げられるのが、

 

このコントロールに集中した練習にあると確信しています。

 

 

テニスに必要なことは、

 

強いボールを打つこともそうですが、

 

 

一番はどんなボールにも対応し、

 

そして、ミスなくコントロールすることになります。

 

 

コントロールすることで、

 

相手の嫌なところ、相手の力を半減させ、

 

さらに自分に有利な状況を作り出していく。

 

 

そういうことですねw

 

 

確かに強いショットがあれば楽ですが、

 

コントロールがあまりよくないショットは

 

ある程度のレベルになると、

 

返されてしまいます。

 

 

調強烈なボールも真正面、もしくは、

 

フォアハンド側に打ってこられてもあまり怖くはありません。

 

 

それよりは、

 

試合ではコントロールされたラインぎりぎりのショットが怖いです。

 

 

一般プレーヤーの方はここに大きな勘違いをしているんですねw

 

 

プロの打つような超強烈なショットにあこがれ、

 

打てるようにはなるかと思いますが、

 

そのコースがあまいと、

 

いつまでたっても中級者で、

 

上級者には勝てません。

 

 

上級者が強い理由はサーブとリターンがいいというものありますが、

 

一番はすべてにおいて、コントロールがいい。

 

 

ともいえるでしょう。

 

 

あるデータがあります。

 

 

ドイツのトップジュニアはコートの真ん中に70%のボールが集中し、

 

それ以外のライン際には、

 

30%のボールが飛んでいきます。

 

 

トップジュニアですらライン際は狙えないんですねw

 

 

トッププロはというと、

 

全く逆の80%を真ん中以外に、

 

20%は真ん中という具合です。

 

 

つまり、

 

 

プロはよりライン際を狙って入れていっていますし、

 

トップのジュニアでも30%しかライン際を狙って入れることができない。

 

 

ということなんですねw

 

 

こんな状況の中、コントロールを武器にできるとなると、

 

かなりのアドバンテージではないでしょうか。

 

 

プロを始め、テニス界は今までコントロールに時間を費やすということは

 

しませんでした

 

 

一部のトッププロがその重要性を理解し、

 

実践しているので、あれだけの結果が出るのでしょう。

 

 

コントロールに意識を持っていく練習法をご紹介します!!

 

 

 

 

コントロールを意識する練習

 

 

 

コントロールは3つの要素で成り立っています。

 

 

それは、

 

「スピード、回転、軌道」

 

 

になります。

 

 

コートにはベースラインという限界地があるので、

 

そこにいれるためには、

 

限界の速度、だいたい160kmくらいがあるそうです。

 

 

身長が高い選手はもっと違う結果になるかもしれませんが、

 

ある程度は参考になるでしょう。

 

 

一般的にスピードが速いと回転はかかっていません。

 

 

というよりは、回転に使う力をスピードとして使っているからです。

 

 

もちろん、逆もあります。

 

 

なので、

 

ボールをコントロールするということは、

 

飛んできたボールに応じて、適切なスピード、回転、軌道を無意識に考え

 

 

打つことなんですねw

 

 

とても難しいことですが、

 

1球1球確実にこなしていくことで、

 

コントロール力は高まっていきます。

 

 

そのためには、どんなボールが来てもどこの方向にでも返せるということ

 

が重要ですし、

 

一つ知っておかなければならない原則もあります。

 

 

それは、

 

 

「おなじ動作は二度とない」

 

 

ということです。

 

テニスでは止まっているボールを打つというのはありません。

 

サーブでさえ、自分でトスをあげるので、

 

トスによって多少誤差は出ます。

 

 

ストロークではかなりその傾向にあるので、

 

相当誤差があると思っていいでしょう。

 

 

そのいろいろな状況の中、同じスイングというのは一つとしてないんですねw

 

 

なので、

 

狙う場所もある程度誤差があります。

 

 

練習では必ずターゲットを決めますが、

 

そのターゲットは点ではなくエリアであると考えてください。

 

 

 

まさに漫画ベイビーステップのような感じです。

 

あのエリアに入れるということを前提として、

 

いろいろな練習を行います。

 

 

 

ミニラリーでエリアを狙う

 

 

 

まず手っ取り早く体感できるのは、

 

ミニラリーです。

 

 

ミニラリーは一般レベルでは足を止めて、

 

本当に感覚だけをつかむという人が多いですが、

 

それではもったいないです。

 

 

このコントロールの練習にも最適です。

 

 

しっかりと狙う場所を決めて打ちあいます。

 

 

その打ち合いも同じ場所で打ちあうのではなく、

 

クロス、ストレート、交互にうったり、

 

フォアハンドだけ、バックハンドだけと縛りをかけるのもいいです。

 

 

ただ、狙いだけは明確にして下さい。

 

 

そして、最初はそのエリアを広く取りましょう。

 

 

ロングラリーでも同じです。

 

サービスラインよりも深くつなげるというのを前提にゲームを行うとか、

 

エリアを確実に決めて練習してください。

 

 

そうすることで、

 

かなりコントロールに対する意識、試合に勝てるコントロールになるので、

 

イメージして練習して下さい!

 

 

 

まとめ

 

 

  • コントロールを良くする
  • コントロールは重要
  • ミニラリーからエリアをきめてやる

 

 

 

以上でした。

 

 

エリアを決めてというのは、

 

なかなかない考え方です。

 

 

狙う場所を決めていろいろな軌道で狙ってみて下さい。

 

 

そして、その変化を楽しみながら、テニスをしましょう。

 

 

着実にコントロール力が上がっていきます。

 

すべてのレベルのテニスに効果があるので、ジュニアの練習にも

 

ぜひ取り入れてください!!

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

テニス 練習 コントロールに気を付ける関連ページ

テニス 練習時の心構え
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合前 準備すること
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 集中力を高める方法 試合中
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合 緊張の克服
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 上達 早い人の共通点
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合 打てないときの対処法
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
イメージトレーニング 方法と効果
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合前 食事
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス スーパーゾーンとは
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス メンタル 強くする練習
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合 風に勝つ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 左利き 戦術と対策
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス メンタル 強くする圭がやる練習
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合前 アップ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
ジョコビッチの生まれ変わる食事 感想
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
試合前日の緊張 眠れないとき
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス メンタル 影響
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス 勝てない対処法
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 上級者 違い
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)