すっきりするテニス上達術!!

スポンサーリンク

テニス メンタル 強くする練習

テニスに限らず、スポーツは

 

テニス メンタル 強くする練習

 


にほんブログ村

にほんブログ村
↑役に立ったらクリックお願いします↑

 

 

試合などで結果を出そうとすればするほど、

 

メンタルの練習が大切になってきます。

 

 

メンタルというのは、

 

生まれ持ったものや、

 

その人がどういう人生を歩んできたかなど、

 

さまざまな影響をうけますが、

 

 

基本的にトレーニングでどうにかなるものです。

 

 

練習でメンタルを強くすることで、

 

かなり試合での緊張感や、

 

余裕に違いがあるでしょう。

 

 

メンタルが強いと、

 

大舞台で力を発揮したり、

 

強い相手になればなるほど、自信の実力が

 

アップして、かなりすごいショットを打てるようになったりします。

 

 

錦織選手もその一人ですね。

 

 

ツアーファイナルの大一番。

 

 

勝てば決勝進出がかかっているという場面でも、

 

自分の力を惜しみなく発揮し、

 

フェレールに勝利。

 

 

その時はスーパーゾーンだったといわれるくらいです。

 

 

スーパーゾーンについては、記事にしているので、参考までにww↓

 

テニス スーパーゾーンとは

 

 

 

スーパーゾーンに入れとまでは言いませんが、

 

試合で実力を発揮する、

 

自分の持てる力を発揮するには、

 

それなりの練習が必要になってきます。

 

 

とはいっても、

 

変わった練習をするわけではありません。

 

 

普段の練習で心構えを変えることで、

 

メンタルを同時に鍛えていくことができます。

 

 

メンタルを強くするのは、

 

心の問題。

 

 

きっかけ一つで大きく変わるものでもありますが、

 

徐々に変えていくのが、

 

自然でしょう。

 

 

メンタルを強くし、

 

試合で実力を発揮し、それ以上の結果を得る。

 

 

そういったプレーを目指して、

 

メンタルを強化していきましょう!!

 

 

 

 

練習と試合の違い

 

 

 

メンタルは試合ととても関係しています。

 

練習と試合の違いは皆さんもよく感じていると思います。

 

 

初心者で試合にでていない方や今からでようとしている方はまだ

 

実感がないかもしれませんが、

 

練習と試合は

 

同じ競技??というくらい違うものです。

 

 

まず、練習でできていたことが、試合でできる

 

とは限りませんし、

 

練習でできなかったことは試合ではできません。

 

 

これはほかのスポーツではすくなかずあること

 

というレべルの認識だと思いますが、

 

テニスでは全く違います。

 

テニスではがっつりこの違いが出ます。

 

 

その理由としてあるのが、

 

 

テニスはミスを前提とするスポーツです。

 

 

ミスすることがそのまま失点につながりますし、

 

ポイントを取るにしてもミスをしないでというのが前提です。

 

 

常にミスをしてはいけないという

 

プレッシャーがかかっているのが、

 

テニスの試合なのです。

 

 

なので、試合でおしみなく自分の最大のパフォーマンス

 

を発揮するプロや錦織選手は

 

それだけすごいメンタルを持っているということなんです。

 

 

あのおっとりした雰囲気からは想像もつきませんがww

 

 

さて、試合ではミスをしてはいけないというレベルのプレッシャーが

 

常にかかっているというのに、

 

練習ではどうでしょう。

 

 

練習では特にミスをしてもまったくのプレッシャーは

 

ありません。

 

 

特に仲間内でテニスはすることが多いので、

 

余計にミスでのプレッシャーはないでしょう。

 

 

試合形式の練習をしても同様です。

 

試合本番さながらのプレッシャーがないのでは、

 

まったく練習と試合は違ったものになります。

 

 

ミスがしてもいいのか、

 

してはいけないのかというのが

 

練習と試合の違いです。

 

 

その違いが分かった上で、

 

効果的な練習とはなんでしょう。

 

 

試合でメンタルを強くするための練習とはどういったものでしょうか。

 

 

 

メンタルを強くする練習

 

 

 

メンタルを強くするには、

 

試合さながらの練習をするということが大切です。

 

 

試合さながらの状況を作るのが、

 

上手い練習になります。

 

 

かといって、

 

ミスをしないことを意識しすぎると、

 

スイングが縮こまってしまいますし、

 

そうなると伸びのあるボールは打てません。

 

 

なので、メンタルを鍛えるのに、

 

効率的な練習とは、

 

2パターンに分けることが必要です。

 

 

ミスをしてもいいから、

 

運動連鎖をしっかりと意識し、フォームのきれいさ、

 

理想のフォームを追及する練習。

 

 

と、

 

 

ミスをしてはいけないというプレッシャーをかけた練習

 

2パターンです。

 

 

練習をミスをしていいときと、

 

ミスをしてはいけないときに

 

分けて練習することが

 

とても大事です。

 

 

大抵は、

 

前者だけの練習となっているでしょう。

 

 

気持ちよく打って、

 

10球中、2,3球入ればオーケーという

 

のつもりで打つ練習や、

 

 

特に意味もなく打ちあう練習など、

 

そういったプレッシャーのない練習ばかりやるでしょう。

 

 

※もちろんテニスを楽しみ、試合は別にどうでもいいという

 

場合は問題ないですがww

 

 

 

なので、

 

プレッシャーをかけた練習をすることが

 

とても重要になってきます。

 

 

しかし、

 

特別な練習をする必要はありません。

 

 

ふだんの練習にプレッシャーをかけるような要素を組むことです。

 

 

たとえば、おすすめはできませんが、

 

賭けはけっこうなプレッシャーになります(笑)

 

 

ジュースだけではあまりプレッシャーはかかりません。

 

 

コード代をかけたり、

 

昼飯、ごはんをかけたりなど、

 

かなりのプレッシャーになってきます。

 

 

数千円がかかると本当にやる気が違いますよw

 

 

球出し練習などでも、

 

ミスをしたら、腕立て伏せ30回など、

 

きつめのハードルをつけると、

 

それもなかなかのプレッシャーです。

 

 

だれもきつい練習の後さらに体を追い込みたくはありません。

 

 

 

普段の練習にすこしだけ工夫することで

 

プレッシャーをかけることができるので、

 

ぜひ自分たちで考えて、

 

楽しんでテニスをしてください!!

 

 

 

メンタルを強くする考え方

 

 

 

メンタルを強くするには、

 

別にオンコートの練習でなくても可能です。

 

日常生活の行動や、

 

考え方でトレーニングすることができます。

 

 

 

試合では負けるかもしれないと

 

思った時点で、

 

実は勝敗は決しています。

 

 

人はイメージした以上のことは

 

できませんし、イメージした通りの結果になってしやすいものです。

 

 

なので負けると思ってしまうと、

 

負けてしまうというのが現状にあります。

 

 

試合中、そういうマイナスなことを思っていては、

 

うまく実力も発揮できませんし、

 

試合で負けやすくなってしまうんですね。

 

 

ではどうすればいいのかというと、

 

普段からプラス思考で考える練習をすることです。

 

 

いろいろなことでできるだけプラスな発言、

 

プラスな思考をするということです。

 

 

ただただ空元気という意味ではなく、

 

マイナスなことをプラスに変えて考えるということです。

 

 

それだけでも、

 

心持ちはかわりますし、

 

試合で追い詰められたときに

 

マイナスな思考になりにくくなります。

 

 

ゲームを取られたとしても、マッチポイントをとられたとしても、

 

「テニスはミスのスポーツ。

 

相手はプレッシャーでくずれるかもしれないし、

 

最後まで絶対にあきらめない」

 

 

という心理状況にもっていくことがとても大事なので、

 

ぜひ普段の日常生活からそういった癖をつけることで

 

メンタルは強くなっていくでしょう!!

 

 

 

まとめ

 

 

  • テニスとメンタルはきっても切り離せない
  • メンタルを強化することで試合に強くなる
  • 普段の練習、態度からメンタルを強くしていく

 

 

 

以上でした。

 

 

テニスはメンタルのスポーツです。

 

技術もそうですが、

 

最後まで本当に、心からあきらめていない選手は、

 

かなりしぶとく、相手にとっても嫌なプレーヤーです。

 

 

メンタルを強くすると、

 

試合で実力が発揮できます。

 

 

緊張にも慣れ、

 

試合では常にプラス思考で、

 

向かって行くプレーヤーは技術うんぬんに関係なく、

 

手ごわいです。

 

ぜひそういった粘り強いプレーヤー、

 

簡単には負けないポイントを取らせないプレーヤーに

 

なって、

 

 

トーナメントを勝ち進んでいきましょう!!

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

テニス メンタル 強くする練習関連ページ

テニス 練習時の心構え
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合前 準備すること
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 集中力を高める方法 試合中
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合 緊張の克服
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 上達 早い人の共通点
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合 打てないときの対処法
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
イメージトレーニング 方法と効果
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合前 食事
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス スーパーゾーンとは
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合 風に勝つ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 左利き 戦術と対策
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス メンタル 強くする圭がやる練習
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合前 アップ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
ジョコビッチの生まれ変わる食事 感想
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
試合前日の緊張 眠れないとき
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス メンタル 影響
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス 勝てない対処法
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 上級者 違い
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 練習 コントロールに気を付ける
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 上手くなる方法 初心者
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)