すっきりするテニス上達術!!

スポンサーリンク

テニス 試合 打てないときの対処法

試合で調子がわるいとき、

 

テニス 試合 打てないときの対処法

 


にほんブログ村

にほんブログ村
↑役に立ったらクリックお願いします↑

 

ボールを強く打てなくなったり、

 

自信がなくなり試合を投げ出したくなるときがあります。

 

 

そのときの対処法がわかるのと

 

わからないのでは、

 

雲泥の差が出ます。

 

 

以前の私はまったくわからなかったので、

 

調子がわるいといつも道具のせいにしていました。

 

 

というかそのせいにする以外の対処法が

 

わからなかったのです。

 

 

実際に道具のせいというのはあります。

 

 

ストリングが伸びていたり、

 

グリップテープが滑ったりなど、

 

そのせいで打球感がずれ、

 

ミスを繰り返します。

 

 

ミスを修正するという人間の本能がありますが、

 

その本能が無意識に面の角度を変えます

 

 

アウトが多かったら

 

面を伏せがちにし、

 

ネットが多かったら

 

面を開きがちにします。

 

 

これが大きいんですね。

 

無意識に修正し、

 

それが正しければいいのですが、

 

大抵そうではありません。

 

 

面の角度は地面と垂直がいいと決まっているので、

 

それからずれると、

 

逆に不安定になります。

 

 

これはフェデラー選手やトップの選手でも

 

こうなるとミスが増え、

 

負けることもあります。

 

 

面を伏せるとネット、開くとアウトするという

 

悪循環に陥るのです。

 

 

適切な対処法がわからないと

 

本当に苦労するんです。

 

 

以前から私はなんども

 

このことに悩まされていました。

 

 

打球感がわるくなったときに

 

対処法がわからないのです。

 

 

特に、この感覚はシコラーと対戦するときに

 

多かったのを覚えています。

 

 

強打を繰り返して

 

ミス、ミスとミスりまくると、

 

つなげるボールも振りきれなくなり、

 

ボールをつぶして

 

コントロールする感覚がなくなります。

 

 

メンタルと感覚をやられるんですね。

 

 

感覚は特に私にとっては重要だと思っていたので、

 

感覚がわるくなると、そこから立ち直るすべは

 

しらずに負けるだけでした。

 

 

しかし、その対処法もわかった今では、

 

特に恐れることなく、

 

試合の終わりまでには、調子をとりもどせる自信があります。

 

 

3セットマッチなどでは絶対にボロ負けはしないという自信もつきました。

 

 

そんな調子がわるく、試合で入らないときの実践的な

 

対処法についてご紹介します。

 

 

 

試合で入らないときの対処法:リターン

 

 

 

試合で負ける時は、

 

大抵、試合の最初のポイントが

 

原因で負けています。

 

 

それは、サーブとリターンです。

 

 

特にリターンは重要だと私は考えています。

 

 

リターンを簡単にミスる人ほど、

 

試合で勝てていないひとが多いですし、

 

重要視していない人も同じく、勝てない人が多いです。

 

 

リターンが入らないということは、

 

相手のサービスキープが簡単にできるということになります。

 

 

ということは、

 

相手は負けにくくなり、相対的に

 

自分は勝ちにくくなります。

 

 

つまり、リターンミスほど相手を楽に勝たせてしまうものは

 

ないのです。

 

 

試合でリターンが入らないというのは

 

けっこうあることですが、

 

しっかりと対処できます。

 

 

その方法は、

 

「スプリットステップをするときのスタンス」

 

です。

 

 

リターンが入らないときは

 

相手サーブとのタイミングが合っていないときです。

 

タイミングが合わない原因は

 

足にあります。

 

 

足のタメができていないんですね。

 

 

足のタメができていないというのは、

 

どういうことかというと、

 

足が十分に曲がっていないことを指します。

 

 

足が曲がらないと、

 

タメは作れないので、

 

その分、タイミングがずれるんですね。

 

 

タメがないとタイミングをあわせるのはどんどん

 

シビアになります。

 

 

タメをつくることでリターンは格段によくなるので、

 

ぜひ試してみてください。

 

 

 

 

試合で入らないときの対処法:ストローク、ボレー

 

 

 

試合で入らないと困るのは、

 

ストロークやボレーも同じです。

 

 

どちらも入らないと厳しいですし、

 

ダブルスではボレーが入らないのは致命的です。

 

 

決め手がなくなりますからねw

 

 

では、この2つもどうしたらいいかというと、

 

「ボールを数多く打つことに徹する」

 

 

ということをしてください。

 

 

どういうことかというと、

 

ミスをして流れや調子が悪くなるのは、

 

ボールを打つ回数がそもそも少ないからです。

 

 

ボールが打つ回数が少ないので、

 

調整もできないし、

 

調子も上がらないんですね。

 

 

よくあるのが、

 

調子がわるいのを気にせず、

 

いつかは入ると信じて強打する選手がいます。

 

 

こうなると、相手の思うつぼで、

 

ミスを繰り返し、自滅するだけです。

 

 

こういう最悪の状況を打破するのは、

 

つまり、逆の行動。

 

 

そうです。

 

つなげることなんです。

 

 

昔のスーパープレイヤーであるレンドル選手は

 

まさにこのスタイルでした。

 

 

最初は、

 

力を抜き、つなげるボールに徹します。

 

 

つなげてつなげて、

 

相手は錯覚します。

 

レンドルってこんなに普通のボールしかうたないんだ。

 

と思うのですが、違うのです。

 

 

レンドルは全力ではなく、調子を上げてから

 

強打を打つというスタイルなのです。

 

 

4ゲーム分が終わったころくらいから、

 

コーナーにボールをどんどん突き刺していきます。

 

 

こうなると、相手は手の付けようもなくなります。

 

 

あえて抑えて、調子が上がってきたら全力を出す。

 

 

こういう戦い方を意図的にするのが、

 

かなりおすすめです。

 

シングルスではとても有効な戦術ですので、

 

試してみてください!!

 

 

試合で入らないときの対処法:サーブ

 

 

サーブも試合で入らないと

 

かなり厄介です。

 

ダブルフォルト病と言ってもいいでしょう。

 

 

これも適切な対処法をしっていれば、

 

かなり安定します。

 

 

それは、

 

 

「トスの高さを意識すること」

 

 

です。

 

調子のいい時のトスの雰囲気、高さ、タイミングなどを覚えておき、

 

それに近づけるように試し続けます。

 

 

そうすると、

 

トスがだんだん安定してきて、

 

次第に調子が戻ってくるでしょう。

 

 

プロでもサーブが安定している選手、フェデラー選手やナダル選手。

 

ジョコビッチ選手はトスがとても安定しています。

 

 

トスはサーブの80%を占めているという人もいるくらい

 

重要なものです。

 

正しいトスの持ち方はこちらを参考にしてください↓

 

テニス サーブ トス 高さと持ちかた

 

 

 

トスを見直すことで自然といいフォームになっていき、

 

とてもいいサーブが打てるようになりますよ!!

 

 

まとめ

 

 

  • 試合で入らないときの対処法を学ぶ
  • 適切な対処をする癖をつける
  • サーブ、リターンは特に注意すべし

 

 

以上でした。

 

 

そもそも試合で調子がでないのは、

 

アップ不足や食事など、

 

試合前で改善できるものもあります。

 

 

その点についても詳しく

 

調べ、学んでいくと、試合で絶好調のパフォーマンスが

 

できます。

 

 

どうやっても調子がわるいとき、

 

上の対処法をためすことで調子を取り戻していってください!!

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

テニス 試合 打てないときの対処法関連ページ

テニス 練習時の心構え
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合前 準備すること
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 集中力を高める方法 試合中
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合 緊張の克服
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 上達 早い人の共通点
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
イメージトレーニング 方法と効果
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合前 食事
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス スーパーゾーンとは
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス メンタル 強くする練習
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合 風に勝つ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 左利き 戦術と対策
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス メンタル 強くする圭がやる練習
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 試合前 アップ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
ジョコビッチの生まれ変わる食事 感想
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
試合前日の緊張 眠れないとき
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス メンタル 影響
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス 勝てない対処法
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 上級者 違い
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 練習 コントロールに気を付ける
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)