すっきりするテニス上達術!!

スポンサーリンク

ダブルス テニス 戦術 雁行陣

ダブルスでは一般的に雁行陣(がんこうじん)という陣形を取ります。

 

ダブルス テニス 戦術 雁行陣

 


にほんブログ村

にほんブログ村

 

前衛と後衛に分かれてコートを守る方法ですねw

 

ダブルス テニス 戦術 雁行陣

 

テニスを始めたばかりの初心者のとき、まず、

 

この難しい感じはなんて読むの?っていう疑問からスタートでした(-_-;)

 

ダブルスの試合をすると

 

有無を言わさずこの陣形をとり、

 

前衛、後衛と別れてプレーするオーソドックスなものです。

 

 

この陣形はボレー中心のダブルスで、

 

ストロークを生かせるような陣形です。

 

また、ポーチといって、相手後衛のストロークやリターンを

 

ボレーし、かなり高いポイント獲得率があります。

 

 

後ろはストロークで守り、

 

前で果敢に決めるという陣形ですね!!

 

 

この陣形は使い方によってはとても効果的な陣形です。

 

 

よく、ダブルスは平行陣が強いといわれます。

 

しかし、これはボレーが得意なことが前提で、

 

さらにスマッシュもうまいペアという条件のときのみ

 

平行陣が強いことになります。

 

 

つまり、スマッシュやボレーが得意でない人や、

 

初心者には平行陣はあまり向かず、

 

中級レベルであれば、前に詰めると簡単にパッシングされてしまうでしょう。

 

そういうこともあって、

 

適度にボレー、ストロークができる雁行陣について

 

きわめて行きましょう!!

 

 

 

基本的な雁行陣の動き方

 

雁行陣は前衛、後衛に分かれて動くのですが、

 

基本的には前衛の動きが一番難しく、

 

ポイントとなるところです。

 

 

前衛、後衛それぞれに役割があるので、

 

それについて紹介していきます。

 

 

  • 前衛の役割

 

雁行陣では前衛の役割として

 

ポーチがあります

 

ポーチはボレーの技術というよりは、

 

タイミングとネットに詰める度胸です。

 

 

いかにポーチをするかというところに前衛はすべてをかけます。

 

そのためには、オーソドックスな動き方があります。

 

それは、

 

自分の味方が打つときに、

 

後ろから前に詰め、

 

それでポーチできない場合は、

 

すぐに最初にいたポジションまで下がる

 

をくりかえします。

 

基本的にはこの動きです。↓

 

ダブルス テニス 戦術 雁行陣

 

ダブルス テニス 戦術 雁行陣

 

 

こうやって前衛が常にポーチを狙ていることをアピールすることが

 

相手のミスを引き出す、

 

とても大きな動きです。

 

 

また、試合全体を通して動きを考えるとポーチに出やすくなります。

 

 

試合の序盤はまったくポーチせずにフェイントのみを

 

かけます。

 

中盤に差し掛かってから、フェイントせずにポーチにでまくったりすると、

 

相手は対応できずに引っかかるでしょう。

 

終盤では出たりでなかったり、フェイントをかけて出たりと

 

相手を惑わしましょう。

 

こういった感じで、試合の序盤、中盤、終盤を考えて、

 

動き方を変えるのがポーチのコツで、前衛が目指す動きです。

 

いかに相手をだますかを考えて、動いてみましょう!!

 

 

  • 後衛の動き

 

後衛は基本的に深くつなげることが重要です。

 

また、前衛を抜く、ストレートのパッシングショットにも

 

反応し、返球しなければなりません。

 

 

いろいろなショットに反応し、

 

基本的に全面をカバーできるフットワークが必要なので、

 

常に足を動かし、相手の動きをよく観察しましょう。

 

 

基本的な動きは、クロスラリーと同じで、

 

クロスに打ったら、軽くセンターに戻る。

 

クロスに打ったら、軽くセンターに戻る。

 

という動きになります。

 

 

そこから、クロスだけでなく、ロブや、

 

チャンスがあれば前へ詰めてもいいですねww

 

基本的には、クロスに深く、そしてセンター付近に戻ることが重要です。

 

ダブルス テニス 戦術 雁行陣

 

 

センターに戻る意味は、相手によりクロスに狙わせる効果があります。

 

よりクロスを狙わせることで、相手にリスクを取らせて、

 

ミスを誘います

 

また、相手のボールがクロスに行きやすいことがわかるので、

 

相手のコースを読むこともできます。

 

 

注意点は、

 

「センターに戻りすぎないこと」

 

です。

 

センターに戻りすぎると、ダブルスではアレーコートがある分、

 

クロスに幾分か打ちやすい状況にあります。

 

センターに戻りすぎるとクロスが空きすぎてしまうときもあるので、

 

自分の足の速さと相談して、

 

うまい具合の戻る位置を考えてみましょう。

 

大体、センターとシングルスのサイドラインの中間ぐらいに戻ることを

 

意識すると、うまくコートをカバーできます。

 

 

前衛と後衛の連携による戦術

 

ここでは、ダブルスで、かなり効果的な戦術を2つご紹介します。

 

この戦術は実際に試してみて、でどのレベルでもかなり有効なので、

 

ダブルスで優勝したいとか、

 

結果を残したいと思っている人にとっては必見です。

 

 

  • パターン1

 

ダブルス テニス 戦術 雁行陣

 

この陣形は本当にポイントが取れる確率が高い戦術です。

 

味方後衛がデュースサイド、

 

相手後衛がアドサイド

 

という陣形に持っていく戦術です。

 

 

まず、デュースサイドで後衛がストレートロブやストレートの

 

パッシングショットで、この陣形を作ります。

 

そうなると、相手後衛が追いついて甘い返球をしたところを味方前衛が

 

バシッと決める。

 

という形です。

 

この陣形が明らかに有利なのは、

 

ラリーになっても現れます。

 

 

ダブルスの敵、味方の4人が右利きだったと仮定すると、

 

味方後衛がデュースサイド、

 

相手後衛がアドサイドという展開だと、

 

味方はフォアハンド、

 

敵はバックハンドというラリーになります。

 

また、前衛がいつ出てくるかわからないようなプレッシャーの中、

 

緩いボールでも深く入れば、敵のバックハンドで深いボールが来ることはほとんど

 

ありません。

 

この浅いボールを狙って、前衛に強打したり、

 

ペア同士の間を狙ったりすることで、

 

ポイントを取る確率はとても上がります

 

 

雁行陣ではこの陣形を作ることで、

 

非常に高い確率でポイントが取れるでしょう。

 

 

この陣形に必要なショットが後衛の

 

「ロブ」、「ストレートのショット」

 

です。

 

 

この二つを磨くだけで、

 

ダブルスで勝てるようになるでしょう。

 

 

  • パターン2

 

パターン1は雁行陣という陣形自体をつかった

 

戦術ですが、こちらはさらに効果的に雁行陣を使う

 

戦術になります。

 

スライスの特性を利用した戦術です。

 

通常の雁行陣同士の展開で

 

通常はトップスピンでラリーをしているのに、

 

リターン以外で、スライスを一本入れてみましょう。

 

そうすると、滑るスライスは腰を落とし、

 

しっかりと持ち上げるようなスイングをしないと、

 

ネットより上に上げることはできません。

 

このボールは甘くなる可能性が高いです。

 

 

また、こんなスライスをダブルスでうつと、高い確率で、

 

同じ方向に返してきます。

 

 

それは、試合というプレッシャーのかかる中、

 

スライスを持ち上げないといけないので、

 

同じ方向に返すことが確率良く返せるからです。

 

 

いろいろな試合で確認していることですから、

 

間違いありませんが、確率でいえば、90%以上

 

同じ方向に返してくるでしょう。

 

上級者でも同じなので、

 

どのレベルの相手にも通用する戦術です。

 

 

このプレーをするには、

 

後衛の安定したトップスピンと

 

滑るスライスが前提になります。

 

また、スライスと判断し、ポーチにでる

 

前衛の観察力も必要になるので、

 

パターン練習で何度も同じことをし、

 

プレーの質を上げていきましょう!!

 

 

まとめ

 

  • 雁行陣とはどういう陣形かをしる
  • 前衛後衛の動き方を考える
  • ポイントが取れる展開を頭に入れておく

 

 

以上でした。

 

ダブルスはシングルス以上に展開力がカギです。

 

ダブルスの戦術はいろいろありますが、

 

この2パターンだけでも頭に入れておけば、

 

ポイントをとる確率が上がり、

 

ひいては試合に勝てるでしょう!!

 

ぜひペアに話をして、実践してみてください!!

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

ダブルス テニス 戦術 雁行陣関連ページ

ダブルスのセンターセオリー
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス ポーチのコツ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス 戦術(ロブリターン)
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス フォーメーション
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス ポーチを防ぐコツ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス 基本のショット
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス 戦術 並行陣
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス サイドの決め方
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス ボディサーブ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス 前衛 動き
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス Iフォーメーション
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス 戦術 リターン
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス 下手・苦手の克服
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス 沈めるショット
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス ポーチのタイミング
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)