すっきりするテニス上達術!!

スポンサーリンク

テニス ダブルス Iフォーメーション

テニスのダブルスにはあまり使われていない

 

テニス ダブルス Iフォーメーション

 


にほんブログ村

にほんブログ村
↑役に立ったらクリックお願いします↑

 

フォーメーションがあります。

 

 

それはIフォーメーションですw

 

 

私はペアとよくことのフォーメーションの練習をしているので、

 

かなり得意ですw

 

 

練習をしたきっかけは、

 

このフォーメーションを多用してくるペアがいて、

 

そのペアにボコボコにやられたことがきっかけです。

 

 

テニスの技術やショットの質では

 

上回っているはずだったんです。

 

 

試合前の練習では、

 

ストロークの質は低く、

 

サーブもそれほど速くない。

 

 

ボレーはミスが少ないな・・。

 

と感じていたので、

 

普通にプレーしたら勝てるだろう

 

 

安易に考えていました。

 

 

しかし、

 

なかなか相手のサーブがブレイクできないんですねw

 

 

Iフォーメーションで

 

ことごとリターンをポーチされます。

 

 

さらにショットの質は高くないですが、

 

コントロールされたサーブを返せずに、

 

逆にこちらのミスが痛いときに出てしまい、

 

ブレイク。

 

 

それを挽回しようと流れがわるくなり、

 

さらにブレイクされ、

 

 

あっという間に負けました。

 

 

Iフォーメーションは本当にサービスキープの確率を

 

かなり上げるものになります。

 

 

サーブをキープできると、

 

試合の展開はかなり変わってきます。

 

 

私たちでも、

 

試合でプレッシャーを感じる展開として、

 

キープ合戦があります。

 

 

3−4ダウンで、サーブをキープしないとかなり苦しい展開に

 

されると

 

とてもプレッシャーを感じます。

 

 

各上の選手、ペア、

 

または同レベルの選手に差をつける

 

 

という意味でIフォーメーションはかなり

 

有利です。

 

 

私たちもこのフォーメーションをつかって、

 

自分たちより上だなという選手をなんども破ってきました。

 

 

そのくらい即効性がありますし、

 

かなり攻撃的なものです。

 

 

サーブの質、レベルを変えることなく、

 

戦術でキープしていく、

 

Iフォーメーションについて、

 

ご紹介します!!

 

 

 

Iフォーメーションの基本

 

 

 

 

Iフォーメーションは無理なくできて、

 

効果抜群のフォーメーションです。

 

 

その効果はリターンに対してかなりのプレッシャーを

 

かけ、

 

それによって、ミスやポーチを引き出すというものです。

 

 

基本はご存知だと思いますが、

 

前衛がセンターネットぎわに立ち、

 

後衛はサーブ&ボレーをしますが、

 

センターに立ちます。

 

テニス ダブルス Iフォーメーション

 

そして、

 

ここからがポイントです。

 

前衛に対して、

 

 

「後衛がどう動くか」

 

を伝えます。

 

 

 

良くある間違いが、

 

Iフォーメーションのまねをするのですが、

 

そのときに、

 

自分のサーブのコース、球種、

 

そして、前衛にポーチにでるかでないかを確認します。

 

 

通常の雁行陣では、必要になりますが、

 

Iフォーメーションでは必要ありません。

 

 

とてもシンプルです。

 

 

決めることは、2つ。

 

 

「サーブのコースとサーバーがどう動くか」

 

 

のみです。

 

 

どう動くというのも基本的に2つしかなく、

 

「そのままネットか、逆サイドにネットか」

 

 

です。

 

 

つまり、

 

 

サーブのコースがセンター、ワイドだけだと、

 

2×2×2なので、

 

 

8通りのパターンが基本になってきます。

 

ボディへのコントロールができると、

 

さらに選択肢は増えますが、

 

基本的には、

 

この8通りのみです。

 

 

では、実際にどう動けば、

 

ポイントを取りやすいかをご紹介します。

 

 

 

 

前衛の役割がポイント

 

 

 

Iフォーメーションは

 

前衛の動きが最大のポイントになります。

 

 

こう聞くと、

 

めちゃくちゃ難しい動きを求められると勘違いしそうですが、

 

 

実は、違います。

 

 

むしろ

 

 

「動かない」

 

 

というのが求められているものです。

 

つまり、

 

最初にいるセンターにできるだけとどまるというのが

 

ポイントなんですねw

 

 

 

そんなわけあるかww

 

 

という声がきこえてきそうですが、

 

本当にそうなんです。

 

 

経験上、

 

練習試合などのあまりプレッシャーが

 

かからないときにはそうでもないですが、

 

 

試合となると、

 

リターナーは安全にクロスをねらってくることが多いです。

 

 

そこで、センターにとどまっている前衛がいると、

 

かなりのプレッシャーになりますし、

 

リターンミスを誘えますし、

 

アングルへの速いリターン、

 

つまり、スーパーリターンでしか

 

ポイントを取れなくなります。

 

 

普通にクロスにリターンするだけでは、

 

ポーチできますし、

 

前衛がいないところには、

 

 

後衛がサーブ&ボレーしている。

 

 

完璧に平行陣に持っていけるんですねw

 

 

ポーチにつかまらないようにするには、

 

スーパーショットかいないところに打つしかないですが、

 

後衛がいますし、

 

ハイリスクなショットを選択させることができます。

 

 

なので、

 

相手のミスが増え、

 

サービスキープができることになります。

 

 

その動き方ですが、

 

一つだけ注意しないといけない場合があります。

 

 

それは、

 

 

「サーバーがワイドに打ち、そして、動かない場合」

 

 

になります。

 

 

その場合は、ストレートにオープンコートができるので、

 

前衛が動かないと

 

がらあきで簡単なリターンでも取れません。

 

 

なので、

 

そのときだけは、

 

「ストレートに必死に戻る」

 

 

ことを意識してください。

 

 

つまり、まとめると、

 

8通りの中の2つ、

 

「サーブをワイドにうち、後衛が動かない」ときは

 

「前衛が動いてカバー」

 

 

そのほかの6通りは、

 

「前衛ができるだけセンターにとどまる」

 

 

ということですねw

 

 

これだけでIフォーメーションが完成します。

 

 

ぜひお試しください!!

 

 

 

まとめ

 

 

  • Iフォーメーションを理解する
  • サービスキープの確率が上がる
  • シンプルに理解する

 

 

 

以上でした。

 

 

 

 

Iフォーメーション、意外と簡単にできてしまうことが

 

理解できたでしょうかw

 

 

これを実践するだけで、

 

面白いようにポーチできます。

 

 

ぜひお試しください!!

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

テニス ダブルス Iフォーメーション関連ページ

ダブルスのセンターセオリー
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス ポーチのコツ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
ダブルス テニス 戦術 雁行陣
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス 戦術(ロブリターン)
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス フォーメーション
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス ポーチを防ぐコツ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス 基本のショット
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス 戦術 並行陣
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス サイドの決め方
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス ボディサーブ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス 前衛 動き
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス 戦術 リターン
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス 下手・苦手の克服
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス 沈めるショット
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス ダブルス ポーチのタイミング
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)