すっきりするテニス上達術!!

スポンサーリンク

テニス 勝つためにミスを減らす

テニスで勝っていくのには、

 

テニス 勝つためにミスを減らす

 

 


にほんブログ村

にほんブログ村
↑役に立ったらクリックお願いします↑

 

段階があると思います。

 

 

どのレベルの人も最初は同じように壁にぶつかっていき、

 

やがては乗り越えて、

 

上級者なり、中級者なりとなっています。

 

 

その最初の段階であるのが、

 

「ミスをしないこと」

 

になります。

 

 

 

最初の段階とはいっても、

 

極端な話、それだけを極めるだけでも、

 

試合で勝っていけます。

 

 

そのくらい強力な戦術が

 

「ミスをしない」

 

ということなんですねw

 

 

ミスをしないということを

 

重視すると、

 

まず、それだけで、中級者くらいの選手には

 

勝てます。

 

 

もちろん、やりようによっては、

 

上級者にも勝てます。

 

 

テニスは確率のスポーツで、

 

100%入るショットというのは

 

ありえません。

 

 

必ず、ミスをする可能性を秘めています。

 

 

それは世界のトッププロでも一緒です。

 

 

たとえば、チャンスボールを例にとってみます。

 

 

簡単に決めれるボールなのに、

 

あのフェデラーがミスをします。

 

 

※ネットでロブを打つだけのショットをミスしますww

 

 

ほとんどコートに入れるだけですw

 

 

ある意味ではミスなんてありえないものなんですが、

 

プレッシャーや環境的な要因などなどが

 

かさなり、

 

100%ではなくなっていくということなんですねw

 

 

プロでもそうなので、

 

一般プレーヤーはなおさらです。

 

 

こちらがミスをしなければ、

 

必ず、相手がミスをする確率が高まります。

 

 

そういったテニスの根本的な部分にそって、

 

シンプルに考えていくと、

 

試合で勝つのに、ミスをすることがいかに痛いことかが

 

わかります。

 

 

 

というわけで、

 

試合に勝つために手っ取り早くできる

 

ミスをしないで相手にミスをさせる方法をご紹介したいと思います。

 

 

これはジュニアで特に効果的な戦術で、

 

高校生が試合で勝つためにはかなり効果的です。

 

 

高校生は自滅プレーヤーが多いですからねw

 

 

手っ取り早く勝つ。

 

忍耐と体力があるプレーヤーは

 

このプレースタイルをもっと強力なものにする。

 

 

 

ミスをしないプレーを極めるコツをご紹介します!!

 

 

 

バックハンドはクロスを狙う

 

 

 

バックハンドはミスが出やすいショットで、

 

バックハンドが弱点という人も多いでしょう。

 

 

バックハンドが苦手と感じる人に多いのが、

 

 

いろいろな方向に打ちたがる

 

 

というものです。

 

 

錦織圭選手レべルだと、バックハンドでも

 

ダウンザライン、クロス、ショートクロス

 

 

といったいろいろなバリエーションのボールを

 

確率よく打ってきますが、

 

私たちが真似すると

 

アンフォースドエラー、

 

ミスがかなり増えます。

 

 

それだけ難しいテクニックを簡単にやってのけるのが

 

錦織選手が天才と言われるゆえんです。

 

 

では、一般人はどうすれば、バックハンドのミスをなくすことが

 

できるでしょうか。

 

 

そうです。

 

それが、

 

「クロスだけを狙う」

 

 

ということになります。

 

 

クロスはバックハンドで基本となるショット。

 

 

そして、クロスは一番コートで距離が長い場所になります。

 

 

さらにネットは一番低い場所を通せるということからも、

 

かなりミスを減らすことができます。

 

 

つまり、クロスに打っておけば、

 

自分からミスをするということは極力減らせるということなんですね。

 

 

また、ラリーが続くと、

 

リズム、自分のタイミングが見えてきます。

 

 

そのためにどんどん安定してくるんですね。

 

 

ダウンザライン方向は、本当にリスクが高く、

 

ネットを超えても、

 

アウトしやすいですし、

 

 

少しでも内側に入るとカウンターを食らってしまう危険すらあります。

 

 

ミスをするのが前提のテニスというスポーツで

 

完璧さを求められるのが

 

ダウンザラインなのです。

 

 

クロスを打ち続けることで、

 

相手からしても嫌ですし、

 

 

相手にダウンザラインを先に打たせてリスクを取らせる

 

ということもできます。

 

 

バックハンドが弱点という人は、

 

まず、頑張らないといけない部分が見えます。

 

 

 

クロスのショットを極めることで、

 

ミスを極力減らし、

 

さらに、安定して強くなれば、

 

相手がリスクを負ってミスをしてくれるでしょう。

 

 

バックハンドのクロスを重点的に磨いてください!!

 

 

 

フォアハンドでミスを減らす

 

 

 

フォアハンドでミスを減らすにももちろんクロスは有効です。

 

 

しかし、クロスを狙うと、

 

右利きの選手同士の場合、

 

相手のフォアハンド側にボールが行くことになってしまいます。

 

 

なので、

 

 

バックハンドとは違い、

 

クロスに打つときは厳しいボールを打たなければなりません。

 

 

厳しいボールを打たないと、

 

相手にダウンザラインに簡単に打たれてしまいます。

 

 

緊急時はこれでもいいのですが、

 

最低限、意識しなければならないことがあります。

 

 

 

それが、

 

「スピンのかかった軌道の高いボール」

 

 

になります。

 

 

 

軌道の高いボールを打つことで、

 

相手は高いボールを打つことになります。

 

 

バウンドが高く力が入りづらいんですねw

 

 

バックハンドもそうですが、

 

相手が力が入る高い打点以上に高い打点で打たせることで、

 

かなり相手は劣勢になりますし、

 

攻撃はできません。

 

 

しかも、対処が難しいボールなだけに、

 

ミスをする可能性もあります。

 

 

軌道の高いボールを打つときの注意点は、

 

「フルパワーで打つ」

 

 

ということです。

 

 

しっかりと打ちきってコートに入れる。

 

 

そんなボールがいいんですね。

 

 

ラケットヘッドのスピードを上げて、

 

しっかりとボールを打ち、

 

それをスピードに生かすのではなく、

 

スピンをかけることを意識して下さい。

 

 

これが身に付くと、

 

かなり強烈なボール、

 

ミスを減らして、相手を押し込むというスタイルが

 

できてきます。

 

 

 

ぜひミスを減らすということから

 

発展するこのスタイルを身に着けてください!!

 

 

 

まとめ

 

 

 

  • ミスを減らして勝つ
  • バックハンドはクロスに
  • 軌道の高いボールを打つ

 

 

 

以上でした。

 

 

軌道の高いボールは、

 

テニスのショットを打つうえで、

 

かなり大事です。

 

 

第一にネットを超えないといけないので、

 

ネットミスだけはやってはいけないんですね。

 

 

なので、

 

ボールの軌道を高くし、

 

スピンで抑え切れるくらいのボールスピードを

 

考えてください。

 

 

そうやって、自分の安定して打てるボールがわかると、

 

一気にミスは減ります。

 

 

スピードを出すには、

 

もっとスピン、フィジカルトレーニングが必要になってきます。

 

そこもわかれば、目標も明確になってきます。

 

 

ぜひそのポイントを押さえ、

 

ミスを減らしてください!!

 

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

テニス 勝つためにミスを減らす関連ページ

テニス シングルス 戦術:バックハンドを狙え!
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス 戦術:いろいろな球種を混ぜる
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 戦略 シングルス:センターを狙え
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 戦術 シングルス:緩急をつける
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス 初心者
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス 重要
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス 勝ち方
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス ネットに詰める戦術
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シコラー 対策
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス サーブ&ボレー
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス 格上に勝つ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 戦術 取りたいポイント
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)