すっきりするテニス上達術!!

スポンサーリンク

テニス シングルス 戦術:バックハンドを狙え!

テニスのシングルスの試合でバックハンドを狙え!と言われたことは

 

 

テニス シングルス 戦術:バックハンドを狙え!
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

 

テニスをやっている人なら、数回は確実に耳にしたことがあるでしょう。

 

なんで、みんなバックハンドを狙えというのでしょうか?

 

そのことについて、考えてみたいと思います。

 

 

シングルスの試合でとても有効なセオリーがあります。

 

それは、

 

「バックハンドを狙え!」

 

です。

 

 

「当たり前でしょww」

 

という返答が聞こえてきそうなのですが、

 

本当に有効な戦術なので、ぜひ確認しておきましょう!!

 

 

バックハンドを狙うことのデメリットはない!!

 

はっきり言いますが、戦術的にバックハンドを狙うことで受けるデメリットはまったくありません。

 

メリットだらけですww

 

そのメリットを並べていくときりがありませんw

 

 

  • 相手の弱点を狙える
  • 相手のコースが読みやすい
  • 守備がしやすい
  • 自分の得意なフォアで勝負できる
  • チャンスボールが生まれやすい
  • 相手の攻撃が単調になる

 

などなど、細かく上げていけば、きりがないほどです。

 

 

その中で、とても大きい要素を占める、バックを攻めるメリットを紹介します。

 

 

相手の弱点を狙える

 

初級者、中級者ではバックハンドが得意という人は少ないでしょう。

 

バックかフォアか、試合で使えるものはどっちかと聞くと「フォア!」と答える人が大多数な気がします。

 

もちろん、これにも理由はあります。

 

 

今ままで日常的に使う動作で利き手の手のひらを使う動作をするのはたくさんありますが、

 

手の甲側や(シングルバックハンド)、非利き手(ダブルバックハンド)を使うことは

 

あまり多くありません。

 

 

そのため、まだ経験年数の少ない方にとっては、当たり前、フォアの方が感覚がよく、

 

試合のようなプレッシャーのかかる状況では、バックハンドが弱点となあることが多いのです。

 

 

相手の弱点であるバックハンドを狙うことによって、バックハンドのミスを誘発したり、

 

それが効果的だと、無理にフォアに回り込ませて、フォアハンドでもミスを誘発させることができます。

 

 

テニスはミスを重ねて勝つには、それ以上にウィナーをとらなければならないのですが、

 

ウィナーをとるというのはなかなか難しいものです。

 

初級者や中級者では安定してウィナーをとるのは難しいでしょう。

 

 

つまり、このバックハンドを狙うことによって、相手の弱点を集中的に攻撃し、

 

ミスを誘えるということです。

 

 

相手のコースをある程度限定できる

 

先ほどのメリットはバックハンドが弱点の相手という限定的なものでした。

 

「バックハンドが弱点って、初級者や中級者にしかいないよ!」

 

「上級者には通じない戦法だ!」

 

 

と思われた方もいるでしょう。

 

 

いえ。上級者やバックハンドが得意な方にも十分通用します。

 

その場合は、基本的な自分の立ち位置として、センターよりも1mほどバック側にたってもらうの前提にあります。

 

 

いろいろな上級者、プレーヤーと対戦してきた経験からですが、

 

バックハンドが得意なプレーヤーとはいえ、

 

バックハンドいろいろなショットが打てるプレーヤーというのはとても少ないです。

 

 

たいてい、安定したスピンボールがクロスに打てるといった程度のものだと思います。

 

確かにそれでも立派な武器ですが、クロスのみであれば全く怖くありません。

 

打てるコースがわかっているからです。

 

 

しかも、ほとんどのプレーヤーが1種類のみのスピンボールなので、とても単調です。

 

リズムが一定なショットほど、タイミングを合わせるのが簡単なものはありません。

 

 

そのリズムさえつかめば、基本的にバックハンドからくるボールで打ち負けることはないでしょう。

 

 

すると、

 

「ダウンザラインは?」

 

という疑問が生じてくると思います。

 

 

正直ダウンザラインは一般レベルでは「捨てです。」

 

 

ダウンザラインにとれないくらいのボールが行ったときはとることは無理ですのであきらめ、

 

気持ちを切り替えましょう。

 

 

つまり、そのくらいバックハンドのダウンザラインとは、シングルハンド、ダブルハンド両方にとって

 

非常に難しい技術であり、リスクの高いショットなのです。

 

上級者でもダウンザラインを苦手にしている人は多いと思います。

 

 

テニスのネットの高さはサイドが一番高く設定されていて、

 

ダウンザラインを打つにはその一番高いサイドを狙わなければいけません。

 

 

当然、速い球で入れようとするなら、本当にぎりぎりを狙わないといけないし、

 

遅い球ならとられてしまい、こっちのチャンスボールになりやすくなります。

 

 

つまり、相手のバックに入れるとどんなにバックの上手い選手でも、

 

ほとんどはクロスにしか来ないということなんです。

 

コースとタイミングがわかれば、うまく返球して、機会をうかがったり、ダウンザラインを無理に狙わせて、

 

ミスを誘ったりと、上級者に対しても有効な作戦です。

 

 

 

バックハンドを攻めるにあたって特に有効なおすすめの作戦!

 

どのレベルでも有効なお勧めのバックハンド狙いの戦術があります。

 

 

それは、

 

 

「パッシングショット」を打たせるです!

 

 

もちろんフォアで打たせたらだめですよww

 

そく餌食になる可能性が高いですからねww

 

 

バックハンドで「パッシング」を打たせるのです!

 

 

しかし、、一つだけ条件があります。

 

 

「スライス」で攻めるのです。

 

このスライスはバックでもフォアでも構いません。

 

 

とにかく、スライスで相手のバックハンドを狙いそのままネットに詰めてください。

 

 

そうすれば、試合のようなプレッシャーのかかる場面では、高確率で甘くなるでしょう。

 

 

特におすすめなのは、自分がバック側にいて、クロスにスライスを打ち、

 

相手にバックハンドのパッシングを打つことを強制させることです。

 

 

こうすることで、バックでパッシングというのを強いれますし、

 

難しいダウンザラインを狙わせることもできます。

 

 

パッシングショットはプロでこそ当たり前に抜いてきますが、

 

一般レベルでは全然そんなことはありません。

 

 

特にダウンザラインのパッシングショットなど、スライスのような低い打点から打ちぬいてくるなんて、

 

完全に至難の業です(^_^;)

 

 

 

そうやって、相手にとても難しいプレーを強要できるので、この作戦は非常にお勧めです。

 

 

まとめ

 

  • バックハンドを狙うことはとてもメリットがある
  • 上級者などどのレベルでもバックハンド狙いは有効である
  • スライスでバックハンドのパッシングショットを打たせるのは非常に有効

 

以上でした。

 

実際に試合で意識して実行している人はすくないのではないでしょうか。

 

とても効果的なので、ぜひ試してください!!

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

テニス シングルス 戦術:バックハンドを狙え!関連ページ

テニス シングルス 戦術:いろいろな球種を混ぜる
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 戦略 シングルス:センターを狙え
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 戦術 シングルス:緩急をつける
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス 初心者
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス 重要
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス 勝ち方
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス ネットに詰める戦術
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シコラー 対策
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 勝つためにミスを減らす
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス サーブ&ボレー
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シングルス 格上に勝つ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 戦術 取りたいポイント
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス シコラーになる
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)