すっきりするテニス上達術!!

スポンサーリンク

テニス リターン 苦手 コツ

テニスではサーブとリターンは試合を始めるための1球目、

 

テニス リターン 苦手 コツ

 

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 テニスブログ テニス上達法へ
にほんブログ村

 

 

2球目のショットでとても重要な役割を持っています。

 

特に一般レベルでは、リターンの優位性が大きいので、

 

サーブを得意にするよりも、リターンを得意にした方が

 

より速く試合に勝てます。

 

 

テニスのルール上、試合に勝つためにはどこかで

 

相手のサービスゲームをブレイクしなければいけません。

 

つまり、リターンを武器にすることで、勝利につながります。

 

リターンは守りのショットというイメージが強いですが、

 

実はそうではなく、完全に攻めのショットなんですね!!

 

 

外国人は基本的に身長が大きく、体格もがっちりしているので、

 

めちゃくちゃなフォームでも結構速く、いいボールを打ってきます。

 

しかし、幸運なことにここは日本です。

 

平均身長が低く、サーブを武器としている人があまりいません。

 

なので、相手のサーブをブレイクできるチャンスが頻繁にあるはずです!

 

 

でも、一般レベルではリターンを得意としている人は

 

あまりいないように感じます。

 

あまりよくないサーブでもリターンミスしたり、

 

緩いスライス系のサーブでもネットしたり、アウトしたりしているのを

 

よく見かけます。

 

 

「なぜ、リターンがうまくならないのか?」

 

このことを考えて、よりうまいリターンを目指していきましょう!

 

また、上級者と中級者の違いはリターン力にあるといっても過言では

 

ありません。

 

フェデラー選手、ナダル選手ともにリターンが上手いです。

 

これは世界トップの話ですが、

 

上級者でリターンが下手な選手はいないといってもいいでしょう!

 

そのくらいリターンは重要です。

 

今よりも上を目指したい人もぜひご覧になってください!!

 

 

リターンがうまくならない大きな2つの理由

 

リターンがあまりうまくならないのには大きく分けて

 

2つの理由があります。

 

この理由はもちろんですが、才能などとはまったく関係がありません。

 

プロを目指しているとなると話は違うかもしれませんが、

 

それでもかもしれないというレベルだと思います。

 

そのくらい、才能と無関係な要素で苦手な方が多いと思うので、

 

そこについて考えてみましょう!

 

  • リターンがうまくならない理由@

 

一般レベルのテニスの練習で、

 

サーブの練習以上にリターンの練習はされていません。

 

というか、リターンの練習を取り入れている

 

グループは見たことがないです。

 

そのくらいみなさん練習していません(笑)

 

つまり、絶対的に練習量が足りていないのです。

 

また、対角線でサーブとリターンの練習もありますが、

 

あれだけではリターンの練習としては不十分です。

 

一緒にテニスをやるメンバーにサーブが得意な人がいれば、

 

そのサーブをリターンするだけで練習になるかもしれませんが、

 

たいてい同じレベルの人が集まっていることが多いと思うので、

 

サーブ・リターンの練習だけでは、物足りないのが現状です。

 

 

習内容があまり良くないため、リターンがうまくならないのです。

 

 

  • リターンがうまくならない理由A

 

もう一つ大きな理由があります。

 

それは、リターンのイメージです。

 

私がよく見るのは、リターンをストロークだと思っている方が

 

とても多いことです。

 

つまり、リターンなのにテイクバックが大きすぎるんですね(-_-;)

 

ストロークでショートテイクバックの人はある程度リターンに強いんですが、

 

それでもストロークと同じ感覚でリターンをすると、

 

確実に壁に当たります。

 

テニスのショットの中で一番早いといわれている

 

サーブを返すのですから、

 

コンパクトにあてないといけません。

 

ストロークと同じタイミングで引くと、

 

振り遅れて、苦手意識が刷り込まれます。

 

 

なので、リターンのイメージが間違って認識していることで、

 

苦手になったり、伸び悩んだりしているようですね(-_-;)

 

 

リターンの正しいイメージ

 

では早速リターンの正しいイメージについてみていきましょう。

 

正しいイメージをつけることで、

 

リターンが得意になる最初の一歩を踏み出しましょう!

 

  • ラケットの握り方

 

一般的に片手打ちの選手は、左手はスロート部分をもっています。

 

テニス リターン 苦手 コツ

 

片手打ちの選手はとにかく素早くグリップチェンジできるような握り方

 

試してみましょう!

 

両手打ちの選手は圧倒的におすすめの握り方があります。

 

それは、両手でグリップを握るものですが

 

右手はフォアの握り、左手はバックハンドの握りで構えることです。

 

テニス リターン 苦手 コツ

 

両手打ちでもスロートを左手で握っている人がいますが、

 

テニス リターン 苦手 コツ

 

一般レベルでは迷いや振り遅れの原因になります。

 

 

リターンでスライスを打つことを目的としているのかもしれませんが、

 

コンパクトに打ちやすい両手打ちのメリットをつぶすことになります。

 

なので、メリットを生かすためにも、できるだけシンプルにし、

 

右手、左手をそれぞれフォア、バックで握り構えましょう。

 

 

 

 

  • テイクバックはボディターン

 

ストロークでもそうですが、テイクバックは手で引きません。

 

手で引くと余分に大きくなりすぎてしまううえに、

 

手を引いたので、手で打つという感覚になってしまいます。

 

ショットのエネルギー源はやはり、体の大きな筋肉を使いたいところです。

 

そのため、ボディターンを意識し、

 

より体でテイクバックすることを意識しましょう。

 

 

肝心のボディターンをどのくらいするかですが、

 

意識的にはほんのちょっとです。

 

フォアであれば、右のわき腹に少し力を入れる程度です。

 

ストロークでは、一番回す場合90度くらいが

 

目安ですが、

 

リターンの場合は45度も行きません。

 

実際の引く角度は大きくて30度ほどでしょう。

 

そのくらい上体のテイクバックは小さいのです。

 

 

  • 足で打つリターン:膝のぬき

 

力強く安定したボールを打つには、大きいパワーを基にスイングすることが

 

とても重要です。

 

リターンもその例外ではありません。

 

リターンでは瞬時にパワーを蓄え、スイングに変えなければならないので、

 

上体のひねりを主に使ってしまっては時間のロスが大きいのです。

 

 

リターンで主に使うパワーは

 

「地面からの反作用」です。

 

そう聞いて「なんだそりゃ?」と思う方もいるかと思いますが、

 

これはリターンにおいて「それしかない!」というくらい

 

重要なものなので、ぜひ理解してください。

 

 

まず、何でもいいですが、何かを押すと、その押した分だけ

 

押されるという物理の法則、

 

「作用反作用の法則」があります。

 

つまり、この宇宙ではこの法則が外れるということはないくらい、

 

「絶対的な真理」です。

 

この法則を利用し、地面をけります。

 

よくこれで地面をけるという表現が使われますが、

 

実際に地面をけると体が浮き上がってしまい、

 

力が分散されてしまいます。

 

 

「できるだけ水平方向に力を伝えたいけど、地面からの

 

反作用をうけたい。」

 

 

ということになります。

 

これをかなえる動作が

 

「膝のぬき」です。

 

膝を抜くとは、膝の力を一瞬でぬくと、体が沈みます。

 

そのときに地面から体重の2倍ほどの力が帰ってくるので、

 

それを利用するテクニックです。

 

 

膝のぬきは陸上のスタートダッシュのときに使われます。

 

陸上のスタートダッシュは、前傾姿勢で、いかに水平方向に力を加えるか

 

を動作として使われています。

 

 

ちなみに「膝のぬき」はテニスではすでに聞いたことのある別な言葉で

 

表現されています。

 

それは「スプリットステップ」です。

 

「スプリットステップ」は

 

テニスの王子様で一躍有名になった言葉ですよねww

 

相手がショットを打つと同時に地面に着地するように事前に飛ぶことによって、

 

動きがよくなるステップです。

 

 

「スプリットステップ」は何のために行う動作なのか、

 

わからなかった人が多いと思います。

 

それは、地面からの反作用を受け、その力をスイングに変えてボールにぶつけるための

 

動作だったんです!!

 

なので、あれは飛ぶことに意味があるのではなく、

 

地面をけらないで、地面からの反作用を受けるために必要な動作だったのです!

 

地面からの反作用を受けることによって、パワーもまし、

 

とっさの反応でかなりよくパワーが伝達できます。

 

 

プロのリターンに見る正しいイメージ

 

百聞は一見にしかずなので、

 

リターンのうまいプロ選手からどうやって動いているのか見てみましょう。

 

世界ナンバー1ジョコビッチ選手を参考に見ていきます。

 

ジョコビッチ選手は体格はがっちりしていますが、とても基本に忠実。

 

マネしやすいですし、とても参考になるでしょう。

 

 

  • 構え

 

テニス リターン 苦手 コツ

 

テニス リターン 苦手 コツ

 

どこにでも動けるような構えになっています。

 

また、まっすぐサーバーに構えているので、フォア、バックどちらに来ても

 

いいという状態になっています。

 

  • スプリットステップ

 

 

テニス リターン 苦手 コツ
テニス リターン 苦手 コツ

 

相手サーバーがサーブを打つ瞬間に着地し、

 

膝を抜いています。

 

膝は脱力しているので、地面からのエネルギーをもらっているところです。

 

スプリットステップは飛び上がるイメージですが、

 

実は沈み込むために飛び上がっています。

 

なので、そこを意識し、しっかりと膝を抜きましょう!

 

 

  • テイクバック

 

テニス リターン 苦手 コツ
テニス リターン 苦手 コツ
上半身でとても小さいテイクバックを行っています。

 

マネしてもらったらわかると思いますが、

 

とても小さいです。

 

このコンパクトさが、リターンの秘訣であり、

 

時速200kmのサーブを軽々と打ち返す技術です。

 

 

リターンはほとんどインパクトで決まるので、

 

フォロースルーについては特に意識しなくて結構です。

 

 

 

リターンがよくなる練習法

 

  • 膝を抜く練習

 

スプリットステップをするとき軽くジャンプしますが、

 

着地の際の膝のぬきがとても重要です。

 

なので膝のぬきの感覚を磨きましょう!

 

 

両足を肩幅くらいに広げ、片足を上げましょう。

 

片足を上げると同時に、もう一方の足の力を抜きましょう。

 

そうすると、一瞬体が沈みます。

 

この感覚が膝を抜く感覚です。

 

この感覚を忘れずに両足でもトライしてみましょう!

 

 

これだけで、膝のぬきができます。

 

 

  • サービスラインからのサーブ

 

こちらはリターンの反射神経や対応力を磨くのに

 

とても効果的な練習です。

 

サービスライン付近からサーブを打ち、そのボールをリターンするという練習です。

 

膝のぬきや、スプリットステップのタイミングを意識し、

 

リターンします。

 

この練習はテイクバックが大きいとまったく返せません。

 

なので、テイクバックを小さくすることにも効果があるでしょう!

 

コンパクトなボディターンを意識してください!

 

 

フォア、バック、アドサイド、デュースサイド、ランダム

 

いろいろなパターンを考えて、しっかり取り組みましょう!

 

これをやるだけでもリターンがよくなり、試合に勝てるようになります。

 

 

まとめ

 

  • リターンは一般レベルではとても重要
  • リターンで試合の勝敗がきまる
  • スプリットステップの重要性
  • リターン練習をしっかりと取り入れよう

 

以上でした!

 

リターンはとっても大切な要素です。

 

日々の練習でしっかりと取り組むことが

 

勝利の近道であることを意識してください!!

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

テニス リターン 苦手 コツ関連ページ

テニス リターン 読むコツ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス リターン 練習
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス リターン 目を使うコツ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス リターン 構えのコツと利き目
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス リターン ステップのコツ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス リターン 展開の練習
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス リターン ダブルス
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス リターン ネットに詰めるコツ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス バックハンド リターンのコツ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス リターン グリップ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス リターン ポジション
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス リターン 上達
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス リターン シングルス
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス バックハンド スライスリターン
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス リターン 安定
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス バックハンド スピンサーブを打つコツ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス リターン 安定のポイント
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス サーブ リターンのコツ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス リターン ブロック
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス リターン ポジションを変える
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 重いサーブ リターン
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 片手バックハンド リターンのグリップ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 速いサーブ リターン
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)