すっきりするテニス上達術!!

スポンサーリンク

テニス フットワーク 前後に動くコツ

テニスには深いボール、浅いボール、

 

 

 


にほんブログ村

にほんブログ村
↑役に立ったらクリックお願いします↑

 

左右に動かされるボールなどがありますが、

 

その中でも皆が苦手としていて、

 

特に初心者の人がかなり苦手にしているボールがあります。

 

 

 

それは、前後にくるボールに対応することになります。

 

 

そのフットワークは日常で身に付きづらいものです。

 

左右にうごくことは、

 

今までの経験で動ける人は多いですが、

 

前後への動きはとくに鈍くなるものです。

 

 

実は、左右への動きと前後への動きで

 

どちらがなれなかというのは、

 

上級者でもまったく一緒です。

 

 

上級者は左右には、

 

かなり機敏に反応し、

 

その動きには驚かれますが、

 

 

前後への動きが苦手な選手は少なくありません。

 

 

上級者の中でも差が出るとすれば、

 

この前後への動きの精度にも差が出ます。

 

 

前後へのフットワークは

 

練習でしっかりとパターン化しないと上手く動くことができませんし、

 

ミスになります。

 

 

 

テニスコートはそもそも横長ではなく、

 

縦長のコートになるので、

 

 

前後への揺さぶりは、

 

戦術的にかなり効果的なのです。

 

 

そういったボールに対応しないと、

 

試合で勝てないのも事実です。

 

 

深いボールをしっかりと返すフットワークと浅いボールに

 

即座に反応し、

 

相手に致命傷を与えるショット。

 

 

どちらもセットで必要なものですねw

 

 

前後の動きは最初は鈍いものです。

 

 

初心者の女性は特にそうだと思います。

 

 

身長が低いので、

 

フットワークが慣れていないと、

 

下がるのにとまどり、

 

 

深いボールに対応できないのがほとんどです。

 

 

下がるスピードを上げて、

 

しっかりと深いボールに対応できるようにならないと、

 

試合では勝てないでしょう。

 

 

レベルにもよりますが、

 

初級クラスでも、

 

最低限の下がるフットワークがないと、

 

 

深いロブを打たれただけで、

 

ミスになります。

 

 

そういった下がるフットワーク、

 

そして、前に詰めるフットワーク

 

この二つに関して考えていきます!!

 

 

 

下がるフットワークのコツ

 

 

 

 

下がるフットワーク、

 

つまり、深いボールに対応するフットワークのコツは

 

 

とてもシンプルです。

 

 

しかし、そのシンプルなことが

 

初心者の方はできません。

 

 

さらにスポーツの経験がないとなおさらです。

 

 

日常で素早く下がるという行動がない分、

 

できるわけがありません。

 

 

また、下がる動作は中級者でもできていない人が多く感じます。

 

 

深いボールを対処するときに、

 

足が追いついておらず、

 

苦しい体勢で打とうとしている人を良く見かけます。

 

 

では、どうやって下がるのが正しいフットワークかというと、

 

それは、

 

 

「クロスステップ」と「サイドステップ」

 

 

になります。

 

クロスステップで速く下がり、

 

そして、

 

サイドステップで調整する。

 

 

そういった使い方ですねw

 

 

そして、それを素早くできるようになるコツは、

 

 

「体を横向きにする」

 

 

ということになります。

 

 

つまり、

 

別な言い方をすると、

 

素早く構える

 

 

ということにもつながるんですね。

 

 

素早く横に向くことで、

 

クロスステップを使いやすい状態になります。

 

 

前を向いたままでは、

 

後ろ歩きのようになり、

 

 

これでは、

 

まったく対応できません。

 

 

後ろに十分に下がれないんですね。

 

 

すぐに横向きをつくり、

 

そして、下がる。

 

 

そうしないと十分に下がれません。

 

 

初心者の方に多いミスは、

 

前向きのまま後ろに下がろうとすることです。

 

 

それさえなければ、

 

かなり深いボールに対応できるでしょう。

 

 

すぐに横向きに、

 

そして、それが慣れてきたら、

 

 

クロスステップを必ず入れてから、調節するサイドステップを使う

 

 

という意識をもって練習してください。

 

身に付くと、かなり深いボールに対応できるようになると思います。

 

 

 

浅いボールのフットワークのコツ

 

 

 

そして、深いボールに対応できるようになると、

 

次の課題は浅いボールです。

 

 

 

ドロップショットに対応できない人、

 

結構いますよねw

 

 

浅いボールは意外にもかなり処理しにくいボールなんです。

 

 

特にネット際におちてあまりはねないボールは、

 

とても難しいボールです。

 

 

そんな浅いボールももちろんきちんとしたコツがあります。

 

 

それは、

 

一歩目の速さです。

 

 

いかに早く相手のボールに反応し、

 

一歩目を踏み出すかが重要になります。

 

 

これが遅れると浅いボールには対応できませんし、

 

拾ったとしても、

 

返すだけのボールになります。

 

 

また、反応の良さも重要になりますが、

 

一歩目を出したあとの、

 

スピードにもよります。

 

 

一歩目を出してもゆっくりと動いては、

 

対応できません。

 

 

 

つまり、反応と一歩目を出した後のスピードが重要なんですねw

 

 

反応は目と関係しています。

 

 

目をきたえ、浅いボールへの対応の練習をすれば、

 

自然と反応はよくなります。

 

テニス 目を鍛える

 

 

そして、一歩目を出した後、

 

素早く動くコツは、

 

 

「体に近い足を動かす」

 

 

ことになります。

 

 

よくある場合があります。

 

 

想像してください。

 

 

フォア側に深いボールが来て、

 

そのボールに対応するため下がります。

 

 

その下がってボールをフォアで打ったあと、

 

右足が後ろにあると思います。

 

※右利きの場合。

 

 

そして、左足が前。

 

この場合、右足を使い、地面を蹴って前に走ろうとすると、

 

足は滑ってしまいます。

 

 

ナダルも自然とそういったフットワークをつかっていることがわかります↓

 

 

 

特にオムニコートの場合、砂に足を取られます。

 

 

しかし、

 

左足を使うと、

 

 

しっかりと地面をつかみ、

 

前に動くことができます。

 

 

そういったフットワークが必要になるんですね。

 

 

そして、

 

そのフットワークをうまくやるには、

 

軸がぶれないことも絡んできます。

 

 

体幹トレーニングをすると、

 

軸が保ちやすくなり、

 

その分だけ足がちゃんと地面に付きやすくなってフットワークがよくなるんですねw

 

 

後ろにさがるときと同様に、

 

クロスステップ、サイドステップも重要ですが、

 

 

それと同じく、とっさに前につめるときは、

 

このフットワーク、軸を保つことが重要になります。

 

 

そのポイントをおさえ、練習してください!!

 

 

 

まとめ

 

 

 

  • 浅いボールと深いボールに足を合わせる
  • 深いボールはステップを使い分ける
  • 浅いボールは反応と1歩目を鍛える

 

 

 

以上でした。

 

 

フットワークをよくし、

 

前後の動きがよくなると、

 

 

試合でかなりアドバンテージがあります。

 

 

なぜかというと、

 

攻守に強い、ベースラインの後ろに入れるからなんですね。

 

 

そこにいるとたいていのストロークを返すことができます。

 

 

そういったフットワークを身に着けることも

 

勝利への近道です。

 

 

ぜひ前後のうごき、見直してみてください!!

 

テニス 筋トレ 体幹

ご意見・ご感想などはこちらに




スポンサーリンク





ご意見・ご感想はフェデ郎の

フェイスブックページにお問い合わせください。↓

沖縄から発信!試合に勝てるテニス上達術

こちらに何でもいいので、感想などいただけたら幸いです。

もちろんお悩み相談も受け付けているので、

あなたのテニスの悩みが解決するまで、

付き合いたいと思っています。

宜しくお願いします。

どんな悩みでも結構なので、気軽にお問合せ下さい!! テニスの速報ツイッターもやってますw リツイートお願いしますw

テニス フットワーク 前後に動くコツ関連ページ

テニスのフットワーク:クロスステップ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス スタンス 種類
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス フットワーク 鍛え方
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス フットワーク ボレー
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス 足 トレーニング
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス フットワーク 移動のコツ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス フットワーク 踏み込むコツ
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!
テニス フットワーク 縄跳び
数々の草トーナメントで優勝、入賞をしている私、フェデ郎が試合に勝てるコツ、よりうまく打つための方法をお伝えしていきます!!

プロフィール

おすすめDVD情報!!


 
トップページ バイオメカニクス テニス 練習時の心構え テニス 練習メニュー:シングルス(球出し)